秋田へ引っ越ししました。秋田市仁別にてスタジオ“nesta”整備中。 陶芸家田村一の日常、夢想、備忘録などなど.文章を書くのが苦手な作者のための練習帳.


by tebokehandmade

鈍色の空

ただいま、新潟は新津。

夜はさすがに冷える。益子とは違ったピリッとした寒さ。懐かしい。


東北道を使うといつも思うのだけど、那須のあたりから、風景が変わってきて、白河を越えるとなんだかとても懐かしい山の風景になる。昔の人もその辺は肌で実感してたのかねぇ。確実に白河にはなにかある。

面白いのが地名。福島側には白河、白郷、栃木側は黒田原、黒磯など白と黒の付いた名前が隣り合ってる。しかも県は違う。このあたりのことを知りたいのだけど、誰かご存知?


郡山JCTまではなんとか天気が持ったものの、磐越に入るともう荒れ荒れ。横からの風。なんとなくみぞれ交じりの雨が激しくなり、だいぶうちのサンバーが煽られるようになった。ちと怖いのでのろのろ運転。


途中の会津SAで休もうと外に出てみると、ホント寒い。でもこの寒さに萌えっとくる自分。空を見上げると、鉛色の鈍い空。低く垂れ込めて重みのある。栃木ではなかなかお目にかかれない空。
以前はあまり好きではなかった。でもなんだかこの空の質感は間違いなく自分を形つくる要素のひとつ。

冬まであと一歩の空。
[PR]
by tebokehandmade | 2009-11-22 02:33