秋田へ引っ越ししました。秋田市仁別にてスタジオ“nesta”整備中。 陶芸家田村一の日常、夢想、備忘録などなど.文章を書くのが苦手な作者のための練習帳.


by tebokehandmade

カテゴリ:未分類( 259 )

実況

c0204518_12531018.jpg

c0204518_1253102.jpg

c0204518_12531011.jpg

さて窯です。天候不順で1日延期しました。

焼くは「祝」のための器たち。素焼きから出して、ダッシュで釉薬かけて、点火したのが夜の6時。普段は深夜に点けるのだが、今回は早く出さないといけません。

最初5時間くらいは焙ったり特にすることもなく、ほっとけるので、いつもなら仮眠。昨日はとりあえず晩御飯。家でちんたらしながら、テレビ。サイゼリヤと王将のメニュー当てる番組。ブラマヨおもろいなぁ。赤ヒーハーT欲しい。

仕事場に戻って、23時。たまに温度計チェックしつつ仮眠ベッドでゴロゴロ、ジャイキリとへうげ読んでうつらうつら。1時間半くらい毎に起きてチェック。

この仮眠のよく見るのが寝過ごして温度上がりすぎでどうしよってはっとなる夢。瀬戸屋さんは皆見てるんじゃない。地上は煙突からポコポコ茶碗が出てくるって悪夢を見てるらしい。
左官屋の挟土さんが臆病に仕事せいと話してたので、このくらいが丁度いいのかも。。


まぁそんな夢を見つつ、朝6時に850℃に。この温度が自分には目安。この辺りから窯の中を不完全燃焼させます。すると釉薬の中の鉄分は青く銅は赤くなります。「還元」です。反対に完全燃焼させて、鉄→黄、銅→緑にするのが「酸化」。中には酸化還元を繰り返したりするヒトもいるようだけど、自分はほぼ還元しかしない。だから窯焚き中は温度と還元の具合を見てるだけ。割とのんびりなんす。

還元を始めると、それまでとは昇温ペースが遅くなり、だいたい一時間で30から40℃くらい。今1000℃後半なんで大体あと5時間くらいでしょうか?


窯の下はあったかなんで、ネコのよい寝ぐらに。ご飯食べてると、頂戴と言ってヌルッと煤まみれ出てくる。こいつはマルタン。ほかにも3匹くらい出入りしてます。


以上実況中。


hahahaji
[PR]
by tebokehandmade | 2009-10-06 12:53

勝負弱い!

c0204518_9492031.jpg

これから地元紙の取材。

昨日の晩、備えてヒゲ剃ってたら、鼻のアタマざくっと。

ここ一番に弱いね。取材の件はまたあとで。


hahahaji
[PR]
by tebokehandmade | 2009-10-02 09:49

祝う亀

c0204518_9485697.jpg

c0204518_9485663.jpg

またまたやきものの話。


もう来週になるのだけど「祝」というイベントに参加します。10月10日〜10月12日まで。会場は千駄木の旧安田邸。先日下見に行ったのがここでした。

今年になって知り合った方が誘ってくれました。彼らの結婚披露宴の場を数名のモノヅクリがしつらえます。
お話をもらったとき、参加者のリスト見せてもらうと、偶然知り合いの華道家の名前を発見。3度目の共演。来年フタリ展をします。
他の参加者も、同じ雰囲気の会場に作品が並ぶことを創造するとうきゅうきゅするヒトたちばかり。楽しみ。

参加者で顔合わせしたときに、披露宴最後のお菓子を作る作家さんと話してて、彼のこれまでのお菓子のポートフォリオを見てると、ふと思い付き、「菓子器作りますよ」って。

ベタな縁起物だけど亀。亀をモチーフにした六角形の皿を組み合わせて、大きな甲羅に見立る。で亀の子一枚一枚がお菓子を運んで来ると。
こんな感じです。


このイベント、一般の方も参加できます。会期中、お茶会も催されています。(建物の保全料とお茶代で1500円かかるのですが)

「一品更屋」さんで検索してみてください。



にしてもこのところの天候不順で乾かない(-.-;)




hahahaji
[PR]
by tebokehandmade | 2009-10-01 09:48
やきもののはなしでも。

自分の普段の仕事では九州天草の磁器土を使ってます。もう10年近くになるけど、東日本では自分が一番使ってると自負。
ドラマティックな出会いで、この素材を使うようになったんだけど、この話はまた追々。
益子に来たとき、じゃあってんで益子の土を試してはみたんだけど、軽く拒絶されました。
以来、磁器をずーーーーっと作ってるし、いわゆる「磁器作家」と見られてるかもなんだけど、土でも作りたい気持ちはあるのです。何かきっかけがあればと。
そう思って昨年、鍋を作ってみたら、この土にはあまり拒絶されず、気持ちよくできた。
鍋みたく、直火にかけるようなものは、専用の配合された土がある。自分の使ってるのは伊賀のもの。
作ってみるといろいろあれもこれもって。そうやって発想が転がるときは、きっとなかなか楽しい。

そうなるとどうしても作りたいものがあって。

それは……
肉の焼けるグリルパン。
あの肉が線になって焼けるやつ。
ル・クルーゼのグリルパンがど欲しくて欲しくて、買うとこまで何回か行ったんだけど、でもなんか癪なのよ。

作ってみるとなかなか、良い感じ。発想の石がまたごろりと。
ジンギスカンの鍋いける。

丁度、夏の無垢里個展ではミルクパンを使ったトムヤム出すことにしたし、益子でも耐熱ものの企画展に誘われてるし、作るしかないじゃんと。
ちゃかちゃか3枚できました。
ここで問題。さすがに鍋と違い、ずーっと空焚き状態で直火。肉を焼くとなると油やら水物の鍋とは違う汚れも付くだろうし。いきなりは売り物にはできません。

一先ず、無垢里に持って行き、モニターでお客さんに使ってもらおうと。
かくて無事3枚とも貰われて行きました。


モニターして下さったフードコーディネイターの方がご自身のブログで紹介してくださいました。
旨そうです。
http://blog.livedoor.jp/osarunobitamin/archives/51366383.html
(写真もお借りしました。こてらさん、ありがとうございます。)


自分用に一枚、グリルパンキープしたけど、肉もくっ付くことがなく、うまいこと焼けます。ただ油をひかず、肉を焼くと、焦げの炭素が定着する模様。もう少し深く彫らないと、念願の線の焦跡にはならない。




他にもこの土でいろいろ作りたいものが出てきました。
念願の土シリーズはどうも、この耐熱シリーズから始まりそうな勢い。





c0204518_11384939.jpgc0204518_1139798.jpgc0204518_11394182.jpgc0204518_1140985.jpgc0204518_11402535.jpg
[PR]
by tebokehandmade | 2009-09-30 12:20

シーラカンス

今日は東京へ。

今度やる会場の下見。旧財閥のお宅。話には聞いてたがなかなかスゴい。

話を聞くと大正7年創建。ほぼ手を入れず、そのままのかたちで保全してるとのこと。

縁側に立ちつくしてるとだんだんおかしな気分に。あまりに周囲の空気と馴染んでないというか、そこだけ白々しいというか。浮世離れ。
穀潰しの書生の妄想があたまをもたげる。。

広いし、立派なのは勿論、凄くいろいろな思い=重いがみっしり詰まってる印象が。そんな重みを受け止めるにはなにが必要なんだろう。





自分も建物もどっちもシーラカンスですな。どうしたもんか。さても。





hahahaji
[PR]
by tebokehandmade | 2009-09-27 01:46

テスト

c0204518_1411930.jpg

c0204518_1411920.jpg

写真アップ



hahahaji
[PR]
by tebokehandmade | 2009-09-24 14:11
昨日はSW最後の日、午前中は土祭に。先日の松屋での展示のときにお世話になった方とD&D代表の方の対談です。なかなか示唆のある内容でした。にしても益子は業の深い土地だなぁと再認識。くわばらくわばら。



午後から仕事で、小皿を作って削り。10月にある結婚披露宴の引き出物です。そろそろ花器も作らねば。この披露宴一般の方も見れたり、なかなかのイベントなんで詳細はまた今度書きます。



夜、遅いご飯食べながら、マクロスフロンティア見てたら、電話。表示不可能ってなんだ?と思ってたら、「ボクダヨ。Gregoryダヨっ」って。昨年の今頃、北欧に一月半くらい滞在したんですが、彼は招いてくれたホストのひとり。デンマークの彼の家からでした。どうもうちの近況を聞きつけ、心配してくれたみたい。で大丈夫よって返したら、「ヨカッタネ」と。「Takkです,Greg」。で向こうの近況やらまた来年9月に向こうでワークショップやるから来ないか?とお誘いがあり、電話終了。行きたいなぁ。
向こうの低い雲が懐かしい。



さぁ仕事しる。
[PR]
by tebokehandmade | 2009-09-24 09:54

シルバーウィーク

もえぎでの個展も終わりました。来場していただいた皆様、ありがとうございました。年内、個展はこれで御仕舞い。2月に大阪で仕事ハジメ。



さて益子では昨日より「土祭」というイベントが始まりました。「つちまつり」でも「どさい」でもなく、「ひじさい」と読みます。
益子の土、風土にフォーカスしたこのイベント。会場ボランティアとして参加してます。昨日も今日もこれまで行ったことのない場所。丸7年益子には住んでるのですが、こんなとこもあったかと少々の驚き。新鮮ですな。

展示作品は土人形やら乾漆の彫刻、サウンドインスタレーション等々。一応当事者側なんで全て網羅できてないのだけれど。あとはカリスマ左官屋の挟土さんの土壁。

地元のカフェやら食べ物屋さんらも出店出してるんで、食も充実してる模様。


瀬戸屋として、陶芸の作品が少ないのが残念だけど、地元が盛り上がるのはよい。続けて欲しいものです。
土祭は10月4日まで。

よいシルバーウィークを。
[PR]
by tebokehandmade | 2009-09-20 12:24

はじめての…

ハロー

はじめて書いてみます。

日記代わりになればよい程度に。

飽きずつらつら、キィボード叩いて、筆無精を克服するんだ。

では。

haji
[PR]
by tebokehandmade | 2009-09-13 21:19