秋田へ引っ越ししました。秋田市仁別にてスタジオ“nesta”整備中。 陶芸家田村一の日常、夢想、備忘録などなど.文章を書くのが苦手な作者のための練習帳.


by tebokehandmade

カテゴリ:未分類( 259 )

イケヤン☆

c0204518_11322046.jpg

c0204518_11322074.jpg

c0204518_11322099.jpg

イケヤン☆という集団に参加してます。





もともと美濃の青木良太くんが発起人になったこのイベント。


8月に多治見で開催されるこのイベントには日本各地から若い陶芸家が集まります。自分も当初から参加してまして、そこに集まる若い陶芸家からは、ものすごい影響を受けてます。

もちろん、自分の芯を大事にすることも大事。一方、余所の土地の匂いを感じるのもとても大事な事だと思うのです。

これを読んでる陶芸家の方は是非参加してみてください。




一昨年からはイケヤン☆オーディションなるものも始まり、そこで選ばれた10名の俊英とちょっとキャリアの長いモノ10名のグループ展が始まりました。これがなかなか刺激的。


この“オーディション”制度がイケヤン☆を只の“呑み会”とは違う緊張感あるものにしてるように思います。アイデアだね。これは。



そんなイケヤン☆のホームページができました。これがなかなかすごい出来で、是非ご覧いただきたい。グループ展参加作家の予定一覧はもちろん、Tweetが一目で見れる。これからはあまりおかしなこと書けません(ホントに?)

スタッフの皆様ありがとうございます&お疲れさまでした。


IKEYAN☆WEB http://ikeyan.jp





そして、昨年一年間日本各所を巡回したグループ展の初年度オーラス展が16日から青山にあるneutronにて開催されます。
詳細は早速HPをご覧ください。







hajimeeeee
[PR]
by tebokehandmade | 2011-03-03 11:32

Half a Year

c0204518_9511093.jpg


お久しぶりです。




さて秋田へは今度の8月に引越すことになりました。


引越先になるのは秋田市のはずれの太平山の麓の仁別という地区、実家からは15キロ程でしょうか。
秋田のヒトならスキー場に行く途中、岩魚の王国のはす向かいと言えばわかるはず。


この太平山という山、自分にとって実はすごく親しみのある山。子供の頃から何度も登って、夏休み一週間くらいに頂上で過ごしたり、クマやカモシカに会ったりと。
ここから登山口まで15キロ。夏場は山籠りかと。冬場は…………冬眠?雪深いとこです。



そんなこんなで益子にはあと半年になりました。長いようで短い半年。



最後の最後になかなかでかい宿題ふたつ拝命いたしました。心してがんばります。



なかなかあっさり帰してくれないのね。



written by tebokehand



hajime tamura
################################
tebokehandmade.v7@i.softbank.jp
08043401670 also available viber line
################################









hajimeeeee
[PR]
by tebokehandmade | 2011-03-01 09:51

pass the baton

c0204518_13352899.jpg

c0204518_13352897.jpg

最近手に入れた器です。




まずは生形由香ちゃんの洋皿。薬の流れっぷりがかっこいい。アーティチョークみたい。真ん中には鳳凰が舞ってるらしい。埋まっちゃってるけど。いい皿。レギュラー決定


でもうひとつが及川静香くんの片口。彼の作品は結構持ってて、片口だけでこれが3つ目。どんだけコレクターかと。でも今回の刷毛目はすごくいい。個人的には哲平さん超え。昨晩はこの子でしっぽり。


なんにしても、これだけ作れる若手が出てきたのがすごく嬉しい。上から目線で申し訳ないけど、ここ5年くらいで益子の若手の実力が確実に上がったように見える。このふたりも含めて、みんななかなか楽しい器を作ってる。

これを新しい基層低音にしていけたら益子の将来は安泰。


気付くとうちで使ってる器、レギュラークラスはほぼ若手だ。特に食器。酒関係の器は作家年齢いきなり上がるけど。まぁそりゃ仕方ない。



伝統を守ることは、必ずしもその土地の材料を使ったり技法を継承することだけじゃない。アンシャンレジームはいつか革命で倒される日が来る。
革新がなければ、伝統は続いていかない。

益子だって濱田以前と以後でどれだけ変化したことか。濱田は益子に革命をもたらしたイノベーター。でもそれ以後ひたすら濱田スタイルのリミックスに耽溺してたのが今までの益子レジーム。イノベーターがいつの間にか伝統の名の下に固定化される。

それはそれで素晴らしい作品を生み出したんだろうけど、同時に厚い殻を作ってきたのも事実。



はじめて益子に来たとき感じたのはこの“殻”の厚み。ここに少しでも穴をあけようと9年間、この土地に居たのかもしれない。



今愛でてる器は、益子に根差した新しい血になる。この器を見ててそう確信した。濱田だって見たら、そう思うだろう。メガネの奥でにやにや。
益子の芯は、やはりいい“器”を作る土地柄ということなんだろう。

自分は糠釉も柿釉かかってない彼らの作る作品から、なんともいえない“益子”を感じるのです。



旧態依然とした変な網に引っ掻かんないですごく自由に作ってる器。てかそんな網の存在なんかにゃ気付いてるけど、そこを相対化できるタフさ。年輩者がなかなかできなかったこと。これが若さ?



いいぞ。いいぞ。





いやぁ、きっとこれから益子よくなる。だからもっと自信持とう。いろんなヒト達に見てもらいに行こう。
新しい時代の萌芽を感じてこの土地を去ることはすごく幸せ。思い残すことはないや。





なんか益子へのスワンソングになってる?








hajimeeeee
[PR]
by tebokehandmade | 2011-02-16 13:35

クラフトフェア

c0204518_0142593.jpg

やはり、ちょっと書いとかないとと。



今日、Twitterの方にも断続的に書き込んだんだけど、松本クラフトフェアの方がブログに実際に応募された選考書類を載っけてたことについて。



ご存じない方に補足すると通常、クラフトフェアに出店するには、作品写真なんかを一枚の紙に貼り付けたものを同封して、それをもとに主催者が選考するというのがオーソドックスなもの。



その一枚で参加できるかどうかが決まるから、皆いちばん力を入れるのがこのペーパー。
そりゃそうだ、入試でいったら答案用紙みたいなものだからね。
作家にしてみたら、たくさん作品を見せたいし、そこが自分のセンスの見せどころとばかり張り切って構成するのです。



そして松本クラフトと言えば、歴史も長く規模、集客あわせて日本随一のクラフトフェア。たくさんのお客さんも来るし、いわゆるいいお店の方に見てもらう、大きなチャンスになるのです。
実際、ここを足がかりにブレイクした友人もたくさん目の当たりにしました。



だから我々、作家にとって数あるクラフトフェアの中でも松クラに出店できるのは、ある種のステータスだし目標だし、なにより成功への第一歩だと考える若い子もいるくらいです。






その足がかりになるこの応募書類を、出店者発表以前に主催者側がブログに載せてしまったのです。



この書類には都市伝説のようなものがあって、やれはみ出しちゃいけないとか、じゃあ観音開きはどうとか、みんなよく分からない。そんな工夫の一端を掲載したと。



もちろん名前は消してあったけど、載っていたのには知人の作品も。いくら名前を消しても見る人が見れば明白。そのくらいの作品なんですから。



まぁ応募期間前だったり、発表後だったら理解できなくもないですが、書類選考の真っ最中。あと数日で発表というこの時期に。



ここに掲載された作家さんはどう感じるんでしょうか?目立つ書類を書いてブログに取り上げられたからといって、出店できるかどうか分かりません。逆にこんなんやっちゃってと晒されたと感じる場合だって。
要は我々にとっては出店できるかどうかが問題なんです。



どんな学校の試験だって答案は公開しないですよね。





彼らは何の意図でこの“答案”を公開したんでしょう?



自分は正直理解に苦しみます。





自分は一度も松本クラフトには応募したこともないし、もちろん出店もないです。というか自分にはどうしても出店したいと思えないのです。



自分は松本クラフトに対して、正直あまりいい印象を持っていません。
明確にみえない選考基準とか判子一個で送られてくる判定とか、場所取りについて古参と新参で見えない優先順位あるように見えると聞いたり。
ネガティブな印象の方が強い。行って不愉快な思いをするなら、そこに敢えて行こうとは思いません。



何度か出店したクラフトフェアは運営や天気などであまりうまいこといかないこともあったこともありましたが、主催者に対して不愉快な思いをしたことはありません。
それは彼らがきちんと誠意を持った態度で我々、作家に接してくれたからです。愛があったと換言しても。



では今回の主催者のやったことは、作家に対して誠意ある行動だったのでしょうか?配慮はあったのでしょうか?



松本クラフトはオリジンとして沢山のクラフトフェアの雛型になっていると思います。今回もたくさんの出店希望があったろうし、お客さんもたくさん来るでしょう。
主催者側の方のなさってる苦労には頭が下がります。



先日のニコ生で村上隆氏が発言してたようにアートとは違い、クラフトという分野は特殊で、このようなイベントが成り立つのです。(ニコ生に出演してた二人は出店したことはないはずですよ→村上さん)

その意味でもクラフトフェアの仕組みには、皆注目してるはず。





だからこそ、敢えて問題を提起させていただきます。



長文失礼いたしました。


hajimeeeee
[PR]
by tebokehandmade | 2011-02-15 00:14

北紀行

c0204518_22331250.jpg

秋田へ


ジンギスパンと


マグたちと



乗っけて行こう。



明日の朝は雪。光の満ちたとこ。



カロは留守番



節分の夜に








hajimeeeee
[PR]
by tebokehandmade | 2011-02-02 22:33

御礼

c0204518_10264468.jpg

さて2011年初の個展が終了しました。


東銀座Petit Luxeにいらしてくださった皆様。ありがとうございました。


今回感じたのは、Twitterの威力。いらしてくださった方の大部分がTwitterをご覧になっていたという事実。
140字の情報量の凄さをひしひしと感じてます。




今回は割と小作を集めた展示でした。酒器や盛鉢といった食を楽しめるモノがテーマだったかも。あまりハレやらケやら考えないよになったかも。

トゲもカラカラ鳴る音もたわんた器からFanFeelingを感じていただけたら嬉しいです。

なのでお願い。是非触ってください。触覚的なモノを作ってるという自負がありますので是非。





今週末はグループ展とアトリエの相談しに秋田へ。4日から6日はココラボにおります。お近くの方は是非。
雪かぁ〜楽しみ。


千葉、艶ふさんと新宿伊勢丹でのグループ展はまだまだ開催中です。






hajimeeeee
[PR]
by tebokehandmade | 2011-02-01 10:26

January〜February

c0204518_919069.jpg

c0204518_919060.jpg

さてさて東銀座Petit Luxeでの展示もあと2日。



26日より新宿伊勢丹で開催中のMashiko_Contemporary展に出品してます。益子なう展てのは却下されたサブタイトル。
なうな益子の若い作家を一気に見る機会です。
伊勢丹ではサロンドゥショコラも開催中。


本日より千葉の艶ふさんにて開催のグループ展に参加します。
鍋やら土モノも。まだ行ったことはないのですが、海のそばのギャラリーだそう。気持ちいいだろうなぁ。
http://www.irou.jp/event6/


そして秋田のココラボでの「秋田ずらり」展も今日から2月6日まで。タムラも3日くらいから行こうかなと思ってます。貝焼鍋やら新しい片口などなど。この時期の秋田は久しぶり。がっつり雪浴びて来よう。





hajimeeeee
[PR]
by tebokehandmade | 2011-01-28 09:19

「人体の世界」展

c0204518_2259018.jpg

mixiで見かけたニュースについて覚え書き。



京都で開催されたプラスティネーション標本について大学教授が気分を害されたと提訴。
じゃ見なきゃいいじゃんて思ったんだけど、どうも事情は違うらしい。


自分が10年以上前、上野の科博で見たのはドイツの学者の手によるもの。プラスティネーション標本はもとより、漱石の脳や普通に臓器の液浸標本なんかもあって、理科室の延長みたいで学術的な展示だった。プラスティネーション標本の作り方や色んな動物をプラスティネーションにしたものとかには触れたりとか。改修前の古い科博の小部屋をぐるぐる廻ったり、会場と企画がうまくかみあった面白い展示だった。

もちろんプラスティネーション標本はあまりに、生々しくて、キツい人にはキツいだろうと思ったし、途中吐瀉物を片付けてる職員の方もいらした。

驚いたのはその人出。会場がものすごいごった返してる。みんなそんな理科好きか?って。でやっぱりそこにはある種の見世物小屋感があったんだと思った。まぁそんなもんだと。でもちょっとした違和感があったのは確か。

今この展示の図録で確認したら開催は1995年のこと。




その後、数年前からずいぶんとまぁ人体の不思議展やってるなぁと。
実際には見に行ってないからわからないけど、展示されてる標本が随分とおかしなことになってるらしい。どうもこの技術が中国に渡って、スキャンダラスでただのグロなだけの標本が乱造されてるようだ。

死刑囚のものという真偽はともかく、

要はこれらの展示は、単なる見世物小屋になってしまったのか?


ヒトって本能的に怖くてグロいもの結構好きでそれをちょこっとだけ覗いてみたいと思ってる。見世物小屋なんかはそこをうまいことついてる。
見世物小屋での出し物は「覗く」から成立するんであって、あくまでそこは日常生活とは一線をひいてある。
「覗く」行為にはある種の後ろめたさだったり畏怖の念が込められてる。おおっぴらに見たらメデューサの眼に当てられたみたく固まってしまう。だからこっそり盗み見しないと。
19世紀末にできた博物館にはCabinetOfCuriosityという奇形だったりでっちあげだけの生物標本を集めた部屋があった。
そこにはまだ見たことないものに対する好奇心と畏怖に対するヒト自らの行為があったように思う。
15年前の上野の展示からも同じベクトルを感じた。



ところが昨今やってるこのての展示はどうなんだろう?
隠されたもの・隠されるべきものを詳らかに開陳するのに躊躇しないのは、傲慢で愚かな行為。
だとしたら単なる珍奇趣味に陥る。愚の骨頂。

この展示にはそこの判断かできてないんだろう。道徳観がないと言いかえてもいい。この場合。





上野のときに感じたちょっとした違和感。そこだけが突出してフォーカスした展示。だとしたら相当酷い。この教授の言い分も一利ある。




もちろん死体にだって尊厳はある。日本人くらいお墓参りする民族はいるんだろうか?
もし家族や友人が死後、そんな珍妙な標本されたら、ほんとに嫌だ。



主催者はこの辺りどう捉えてるんだろう?











hajimeeeee
[PR]
by tebokehandmade | 2011-01-22 22:59

助っ人参上

c0204518_175524.jpg

釉薬かけてます。


今回、相当ギリギリにつき、助っ人わしたー参上です。


彼は益子のおっきな窯元の息子さんで、たまにお手製のお菓子を差し入れてくれたりするナイスガイ。


仕事もものすごい丁寧で、彼のかけたの見ると自分の仕事が雑で雑でいやんなるくらい。写真どっちが彼かは一目瞭然でしょ。

しかもずーっと手を動かしてるんで、こっちの作業もはかどるはかどる。休もうっても「大丈夫です!!」て、おっちゃん休みたいのに。若さってやつは。


今日も有り得ないくらいの長い時間の作業だったのに………助かります。最後の一秒まで搾り取るくらいのうちの仕事場には欠かせません。





ほんっと頼りにしてるよ、わしたー。明日もがんばろ〜





hajimeeeee







で今日作業中、ネコ拾ってさってカロのこと話したら、「知ってますよ」て。Twitterかい?と問うと「母ちゃん、ハジメさんが保護するとこ見てたみたいす」と。確かにわしたーん家からすぐのとこで拾ったんだけど。

恐るべし。わしたー母。
[PR]
by tebokehandmade | 2011-01-20 01:07

折れた……

c0204518_13303359.jpg

c0204518_13303312.jpg

c0204518_13303339.jpg

湿台……それは高台を削るための必須の道具。



昨晩、しゅるしゅる削ってたら折れた………

まだこのサイズ使うのに………

とりあえず応急処置。これ終わったら新調したげるから。



んでも心は折れてない。
今晩から素焼き開始!



hajimeeeee
[PR]
by tebokehandmade | 2011-01-18 13:30