秋田へ引っ越ししました。秋田市仁別にてスタジオ“nesta”整備中。 陶芸家田村一の日常、夢想、備忘録などなど.文章を書くのが苦手な作者のための練習帳.


by tebokehandmade

<   2010年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧

第2回開催決定!!

c0204518_23334192.jpg

c0204518_23334189.jpg

2007年夏の終わりに開催した益子での磁器展、今年の秋10月に2回目が決まりました。


前回同様、「磁」を素材に、有名無名関係なく、先端の仕事をしてる方々を紹介できたらと思っています。


今回も、もえぎさんの全面バックアップのもと、山の本店と町のお店の一画を使った展示になります。秋の陶器市期間もやりますので、少々気の早い話しですがご期待下さい。


今日はもえぎさんと参加作家のセレクション。実現したら凄そうなラインナップ。


3年前とは益子の状況も自分の環境も全く変わってきた。確実にそれがいい方に転んだと思える実感があります。。自分でも何ができてくるかすごく楽しみ。あ〜気合い入ってきた〜









ところで益子で何故に磁器?ってな異論には耳を貸しませんのであしからず。




hahahaji
[PR]
by tebokehandmade | 2010-01-28 23:33

みにくいアヒルの子

c0204518_2213792.jpg

c0204518_221375.jpg

寒いね、どうも。ちょっぱやで釉かけて、本焼き、点火。ひとまずお家でご飯&仮眠。


白地に紫の粒々の子たちは今は気持ち悪いけど、ものすごいきれいになるはず。うまく焼けろ〜〜



ちかれた〜



hahahaji
[PR]
by tebokehandmade | 2010-01-27 22:13

始動

c0204518_239777.jpg

c0204518_239767.jpg

大阪個展用の素焼き中。


久々の制作風景。
茶入達、いいと思います。



hahahaji
[PR]
by tebokehandmade | 2010-01-26 23:09
compact dialogue展に関わったすべての方々にこの場をかりてお礼申し上げます。ありがとうございました。無事終了いたしました。



今回は実に沢山の人達と作り上げた展示会でした。思い返すと製作が終わらないんじゃないかというくらい、苦しく楽しい日々。久々の感覚でした。
また新しいものができそうな兆しに満ちた作品ができたのが素晴らしかったかと。楽しみです。










さて只今、池袋のMACでぼんやりコーヒー啜ってます。へうげの搬入は午後から昼まで、しばしふらふら放浪。
[PR]
by tebokehandmade | 2010-01-22 10:43

2010 jan〜feb

さて明日は搬出。再び青山へ。


そして、1月23日から恒例へうげもの展「山田芳裕『へうげもの』第10服刊行記念祭 MEGYUWAZO」に参加します。今回は浅草橋のルーサイトギャラリーと代官山マンガートビームスTにての開催。今日はこの展示会の作品選び。

ルーサイトの方は展示会のコンセプトが「昭和」。会場は芸者さんのお家を改装したもの。日本家屋に洋なリビングがちょっとレトロでモダンな建物。60年代〜70年代というのは北欧の雑貨類がはじめて日本に入ってきた時期。その時代を思い起こし、一昨年行った北欧で見たもの/感じたものがなんとなくカタチになり始めるくらい醗酵してきたので、ちょっと習作的な作品を。いつもの曲解っぷりに拍車がかかったものを作ってみました。今回は新しい釉薬を大量に使用。2010年はこんな感じのものも。テーマは「カラフル」そしてレトロフューチャー。

ビームスの方はメインがへうげTの新作発表。その露払いということだけど、どうしようかと。20点くらいというが、なかなか悩みます。へうげっぽものがいいのだろうけど。明日まで悩もう。
どちらも詳細はへうげブログまで。
http://hyouge.exblog.jp/



そして2月1日から13日まで大阪で個展。会場は西天満のアートサロン山木。久々の大阪。
いつもの天草の土の作品とだんだん馴れてきた瀬戸の土を使おうと。
瀬戸の子は焼き上がると胎が牛乳みたく白くなる。で口縁のあたりに煤が付いてそこがグレーに。このバランスが面白い。ちょっと雰囲気の違うしのぎも。もう少し作らないとなぁ。
こちらもブログが。
http://sky.ap.teacup.com/artsalonyamaki/




どちらもcd展の会場にフライヤーございます。
[PR]
by tebokehandmade | 2010-01-20 19:34

cd photo #3



会場全体はこんな感じです。キレイ。



http://openers.jp/interior_exterior/news/compactdialogue.html
[PR]
by tebokehandmade | 2010-01-19 13:09

cd photo #2

こちらでも

紹介して下さいました。彼女も自分と同じく陶芸で生業を建てております。
来月、plain peopleでも個展を開催します。そちらへも。
女性らしくきれいな作品です。


http://studiokapi.exblog.jp/11978559/
[PR]
by tebokehandmade | 2010-01-19 02:29

cd photo #1

友人が先日のオープニングの様子を紹介してくれました。
ご覧ください。



thank you !! saji


http://diary.sa-ji.com/?day=20100116
[PR]
by tebokehandmade | 2010-01-18 19:23

compact dialogue

c0204518_13104033.jpg

c0204518_13104099.jpg

c0204518_13104044.jpg

さて始まりました。
昨日はオープニングパーティー。沢山の方にいらしていただきまして、感激です。ありがとうございました。



さて仕込んだ花達も器達もなかなか壮観。自分の考えの斜め上の見立てに、改めて今回の相方の底力を感じとります。楽しい。家の子たちも楽しそう。写真は後程リンクします。



会期は21日まで。青山のPLAIN PEOPLEにて。田村は明日までおります。
[PR]
by tebokehandmade | 2010-01-16 13:10

ミナレヌモノ

c0204518_1313054.jpg

c0204518_1313032.jpg

c0204518_1313045.jpg

二回目の窯終了しました。dialogue展に向けた窯はお仕舞い。



さて写真の鉢です。去年からの流れでできた作品。釉薬のマットと透明のテクスチャーを同じ器中に共存させた作品を作りたいといつからか考えてた。その欲求に対するひとつの解答になってるだろうか?

正直まだよく判断がつかないや。
技法としては「次」にどうしたらいのか見えてるし、これからいろいろできる要素もあるから契機になる作品になる。。

でもまだね、見馴れない。違和感とも違う、距離感を測ってる感が漂ってて何か得体の知れない面白さがあるよに見える。

「見馴れた」作品を作るのは簡単で易しい。手の反射だけで作ればいい。
でもこんな作品はアタマと手で考えながらじゃないとできない。手探りで距離感を測りながら。だから自ずと緊張感がある作品になるし、焼けたものは当然初めて目にするから見馴れない。



見馴れないものを作れてるのは随分久しぶりな気がする。自分の中にある様々な切り口が見えてるようで楽しい。課題は山積み。まぁいいや。



今、こんな風に作れてるのはきっと幸せなんだろうな。




hahahaji
[PR]
by tebokehandmade | 2010-01-12 01:31