秋田へ引っ越ししました。秋田市仁別にてスタジオ“nesta”整備中。 陶芸家田村一の日常、夢想、備忘録などなど.文章を書くのが苦手な作者のための練習帳.


by tebokehandmade

<   2010年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

さて続き。


このカプセル、できたばかりということで、空調やらカプセルの広さなど、恵比寿のあことは雲泥。流石に快適。ただヒトいないのと(結局誰とも会わず終い)風呂がぬるいのが気になるっちゃなる。(これがまぁあとでひく風邪の原因に)

昼前にチェックアウトして、その日はロックな二人で京都徘徊。楽さんとこで、歴代の楽茶碗の展示してるらしので、携帯で調べると銀閣寺の側と表示。近くのうどん屋で白味噌仕立の京都っぽいうどん食べる。うまいことうまいこと。特に揚げたてがんもどき。

バスに乗って銀閣寺方面へ向かう。京都はバスが便利。途中、チャリに乗って電話の画面見入ってるおっちゃんを轢きそうになり、声上げてしまった。交通安全でお願いします。

バス降りて、近くのヒトに楽美術館の場所聞くけど、皆さん、?な顔。人力車のマッチョな兄さんに聞くと電話でちょい偉いさんに聞いてくれて、やはりぜんぜん違った。調べとくから、銀閣寺でも見て来たらと。まあいいやなイージーゴーインな旅。観光します。

銀閣はもう修学旅行生の束。すごい人手。寺の山門前でソフトクリームパクついて。だらだらと。

初の銀閣寺。お寺の前の庭がなかなか。砂舞台になってて、月夜の晩には石英がきらきら光るらしい。渋くてよいね。そのまま裏庭散策。竹で組まれた壁のリズム感ある組み方が素敵。その向こうとこっちで大分景観が違う。

椹で葺いた屋根も渋い。断然、金閣より好みかも。


帰り道、件のマッチョ兄さんに楽美術館の場所を確認してまたバスへ。同行してるHちゃんから京都の地名の出来方を聞く。なるほどね。通りと通りの辻の名前なのね。納得です。

バスに揺られて15分くらいか、バス降りて楽美術館を目指し北上。。やっとありました。初代長次郎から当代までからりと並ぶ15個の茶碗。さすが3代あたりまでの茶碗はスゴい。モノノケだね。ありゃ。5代目の縦長で口許がすぼまったやつとか、8代目の若く亡くなった方のみずみずしい形のが好み。2階にかわいいパグみたいな獅子のは香炉やら花活け、掛けもの。。少しの茶碗。「樂」の一文字にどんだけ情念がこもってるのか。光悦の茶碗も丸みが気持ちよい。
いいもの見た。最後にちらっと当代の姿を見っけ〜おされです。

四条まで御所経由でふらっと歩こうと

道すがら、虎屋カフェ発見。水羊羹とお抹茶をいただき、御所へ。だんだん冷えてきたようで、上着持って来てないのを後悔。

御所はなにもかにもおっきかった。桃園、梅園、桜を経て、どいつも大木。思わず陰陽師を思い出す。今度は晴明神社行きたい。上賀茂神社と。

このくらいからやっと京都にいると実感。ここで育つのと秋田で育つのじゃ価値観全然変わるよなぁ。たまに来ようなどと思う。

四条に戻り、帰りの電車まで、その辺のおっちゃん飲み屋へ入る。こしあぶらの天ぷらうめえ。安さにかまけ散々食べ飲み閉店まで。まだちょっと時間あったので、幕末居酒屋で仕上げのビィル。以上楽しすぎの京都2daysは御仕舞い。


また京阪電車で大阪へ。心斎橋のカプセルでおやすみ。


次の日は芦屋へ



つづく


hahahaji
[PR]
by tebokehandmade | 2010-05-26 15:58

うつわクウ

あとで書くって書いてないじゃんと知人からの突っ込みがありまして…




芦屋での個展が開催中です。会場のうつわクウさんと知り合ったのは5年くらい前の陶器市で。当時関西のお店はgrafだけ。


実際にお店を見に行ってみると、並んでる作家さんはほぼ知らない方ばかり。聞くと関西方面の方が多いとか。でも昨今、割と似たよな面子が揃ったギャラリーは数多あれど、きちんとオーナーさんの色で選んだものを扱うお店は実は少ない。心意気が気持ちよい。しかもその作品達がなんともいい感じ。それだけで嬉しくなる。


今回は白のバリエーションをメインに持って行きました。「田村さんは注文嫌いでしょ。個展だとのびのびしてる」見透かされてます。



30日までで月火休み。阪急神戸線芦屋川下車。北口に面してる商店街を左に。徒歩5分以内。
この商店街もいい感じ。美味いパン屋やらプリンの店があるのは芦屋ならでは。藤原紀香の行き付けの洋食も。滞在中は通いました。薄カツがたまらんです。近くにライトの建てた別荘もある。大谷石作りでした。

オーナーからお土産にいただいたイカナゴの釘煮、美味いっす。ありがとうございます。





hahahaji
[PR]
by tebokehandmade | 2010-05-23 03:39

前半の後半・京都ナイト

久しぶりです。

旅の前半の後半から。


551の豚まんを食べてる最中に、合流した待ち合わせたギロ会のもう一人からは「ロックなふたりやな」って。普通に天パは湿気るとああなるんです。

さて向かった先はギロギロ。今年に入ってからのハードワークへのご褒美としては完璧なお店。ちょっと予約より早かったけど、電話したら大丈夫とのこと、ふらふら歩いてお店まで。ひんやり湿気た京都の空気が気持ちよい。

お店は相変わらず、活気に溢れてる。早速生ビィルで乾杯。
この日の出色は鯉の昆布〆と鯛の焼き物。鯉は甘く、添えられた塩ワカメの揚げたのとの苦しょっぱいバランスがもう。鯛の方は田楽味噌茄子ソースと鯛の子ソースと二度楽しめました。
道すがら、苦手な食べ物の話で出てきてた鱧が一品目ってのが、乙なもんです。きっとちっちゃいおっちゃんとか聞いてて、板前さんに教えてんねんで。でも全然臭くなかったよね。

酒も獺祭へ。じんわり堪能。うちのぐい飲みの子が働いてるの見てちょっと嬉しくなる。
いい腹案配で終了して、お店出ようとして、芦屋の個展のフライヤー忘れたことに気付く。自分のバカさ加減に呆れる。


2件目は帰り道の普通のアパートみたいなとこの2階のバー。店ではカレーの仕込み中。匂いにやられ、アタマの中、カレー一色。さっきまで和食の山に登ってたくせに、現金なもん。
この店、自分とこで漬けたオリーブが絶品。4回くらいおかわり。もうひとり合流。この辺から大分酒がまわり。おやすみってカウンターでちょいと寝る。起きて堪らず、カレー。辛めで旨かった。

さぁカプセルに戻ったのが何時か定かじゃないけど、ぬるめの風呂に浸かり就寝。



続く


hahahaji
[PR]
by tebokehandmade | 2010-05-22 13:29

前半戦の前半

c0204518_1145212.jpg

c0204518_11452193.jpg

c0204518_11452145.jpg

さて前半戦。





これまであったこと。
東京に向かうときにうすうす気付いてたけど、久々に履いたAirMaxが崩壊中。
東京で思いの外時間くってしまい、イケヤン☆展オープニングに遅刻決定!
新大阪に着かんとするとき、オープニング参加中の金沢の行司から入電。まるっとすれ違うことに。会えず残念。
一時間遅れで雨の老松通り。夕方がしかやってない古本屋にて「壺と私」「茶碗と私」「皿と私」という堪らんタイトルの本購入。ついでにポリネシアの土器の本も。
さてオープニングには案の定、たくさんのヒトヒト。そしてビィル。雨で蒸して、暑い。参加作家の皆さんとお客さんとギャラリーの方でわや。
会場で少し飲み、程なくはす向かいの中華へ。なんか異様に豪華。後程注文ミスだったと判明。追加料金。
もう一人の遅刻者、京都からのかのう氏登場したころにはすでに皆さん、できあがり、泥酔モード。40人の酔っ払い達。。
中華のあとは福島のゲストハウスへ。8畳+6畳で14畳の部屋に20人くらい居ただろうか、途中机をひっくり返し、苫米地氏にビィル噴霧。デリケートな辺りを女子に拭いてもらい、ご満悦のT氏。
多治見のお店の店長さんと作戦会議。うれし。
そのまま雑魚寝。


次の日、みなさんだらだら起床。こんなとき、女の人はちゃっちゃとできてすごいと思う。美濃の窯大将はまだお酔いになられてるのか、スタッフ二人と帰多治。のちに風邪と分かる。お大事に。
ギャラリーに戻り、じっくり作品観賞。やはり自分の志向とは反対のものに魅かれる。でもみんな上手いや。
何人かとお昼食べて、待ち合わせしてたこと合流。graf行って東洋陶磁。陶磁陶磁ではきゃわいい水注達に出迎えられ、ご機嫌。閉館ぎりぎりまでねばる。
この日はずっと雨。いよいよmaxがヤバいことに。これから向かう京都で靴手に入れんと。
この日ははじめて京阪で京都へ。JRよりいいと聞いてたけどほんとそう。いい感じに景色が近い。確かにくるりの世界。
京都は雨が止んでた。一先ず、小腹が空いてたんで、錦へ。途中のABCマートでアロハ柄のジャックパーセル購入。
錦は行くのに遅すぎた。
阪急裏の白いおされカプセルにチェックインして、小腹を満たすために阪急地下へ。551の豚まんをほうばってると、今日のギロ会メンバーのもう一人と合流。

そんなわけでギロギロへ向かいます。


続く



hahahaji
[PR]
by tebokehandmade | 2010-05-14 11:45

旅に出るの巻

西へ向け出発しました。

行く前に調髪したかったんだけど時間なくもさもさのまま。この辺が分かれ目か。伸ばそかな。


今日は5時からイケヤン☆展のオープニング。会場は2月にお世話になった天満のアートサロン山木さん。あまり呑み過ぎないよに。

イケヤン☆展は総勢20人参加するグループ展、きっと見たことないのがたくさんあるはず。若い者から刺激をもらおう。気分はいちばん下っ端で。楽しみ〜

お時間ある方はぜひ。


西の皆さん、後程〜



hahahaji
[PR]
by tebokehandmade | 2010-05-10 10:44

May

気付くともう6月が見えてきました。
早いねぇ。

さあ陶器市が終ってもみしみしいきます。
以下スケジュール。気付くと関西方面に集中。三都物語。


まずは昨日より始まった「アートフェア京都」。今回はへうげものでの出店。
昨日担当から送られてきた写真には、なんともシュワンクマイエル臭漂うベッドの上での器の女体盛り。ナイスです。

会期:2010年5月7日(金)〜9日(日)
会場:ホテルモントレ京都4階客室
   京都市中京区烏丸三条南
   地下鉄烏丸線・地下鉄東西線烏丸御池駅6番出口より徒歩2分
   地下鉄烏丸線四条駅、阪急電鉄京都線烏丸駅22番出口より徒歩3分
   JR京都駅より車で約8分
入場料:2000円
    3日間通し入場可 買い物の際、全て2000円分割引
時間:11:00〜19:00
へうげものブース:410号室 
 出品作家:大江憲一 かのうたかお 栢野紀文 金理有 田村一 
      二階堂明弘 横山拓也(へうげ十作陶芸家)
      他社比社 シマダヒデアキ(L.S.D.)
      *山田芳裕『へうげもの』単行本全巻販売します


そして大阪。2月にもお世話になったアートサロン山木さんでのグループ展。

「イケヤン☆展」
2年まえに始まった「イケイケヤング陶芸家」集会からのスピンアウト企画。
いつかまでもヤングって具合にはいかないけど、ロッドステュワートも唄ってんじゃん。“forever youg”って。

ともかくベテラン(言ってもいいよね)と若手がっぷり四つに組む刺激的な展示会になるはず。
なおイケヤン展は全国5カ所巡回予定。そのキックアウトが大阪です。
初日17時よりオープニングパーティー。行きます。
会期;5月10日〜26日
会場;アートサロン山木
〒530-0047大阪市北区西天満4-7-17 サン・レガシー1F
TEL/FAX06-6363-5866(共通)



そして芦屋で個展。
こっちの詳細についてはまたあらためて。田村は13日〜16日のお昼くらいまでいようかと。
会期;5月12日〜30日
会場:うつわクゥ
659-0083兵庫県芦屋市西山町3-11ラフェルテ芦屋川1F
TEL&FAX  0797-38-8339
URL:http://www.utsuwa-KU.com
e-mail : info@utsuwa-ku.com
営業時間 10:00 - 18:00
定休日  毎週月曜・火曜



今焼いてる窯終ったら、すかさず西に向かい旅立ちます。


c0204518_9442498.jpg
c0204518_9444160.jpg
c0204518_9454554.jpg
c0204518_103851.jpg
c0204518_1032135.jpg

[PR]
by tebokehandmade | 2010-05-08 10:11

bird viewing

まったく暑かったです。



少々考えたことを。
あまり出歩いてはないので、極個人的な反省も踏まえ。偉そに酔いしれて。



全体的に女の子の作ってるものが好印象。見て触ってて気持ちよい。益子勢も他の産地の子もよい。うまいこと素直に遊べてるのは女子だなと。何人もいい感じに作ってる。


もちろんよいもの作ってる男子もいます。彼等は真摯に作ってるし、毎回見るのが楽しみ。



お客が沢山の中に同世代の作家が若い子のテントにいて、萌え〜って顔でその子の茶碗まさぐってるのが希望。うちらはそっからなんか作らないと。彼のそんな感性が素敵と思う。



明らかに潮目が変わった。個人でやるのには悪くない時代かも。大切なんはインディーズ精神。作家の自律性。メジャーなんて要らん。そこから変えてやる。集中。



その土地でやる必然性があるものとそうではないもの、自分にはどちらの価値観も等価で、素晴らしい仕事ならどっちも素晴らしい。自分にとってこのテーゼは自明なんだけど、やっと現場がそうなってきた。「これは益子焼ですか?」って聞かれなくなった。この一言がどんだけ苦痛だったか。濱田の残した負の遺産のひとつだと思う。
なんで益子でやる啓蒙活動は10月の磁器展を集大成に。あとは安心。



D&DののNさんにきちんと返答できるモノヅクリ。土地に縛られないnomadicなモノヅクリ。それがこれから10年ののテーマ。帰って変えるタイミングなんだよなぁ。




今回、せっかくブルータスやらメディアにたくさん出てるのに、なんとなく漂ってる出店者側の馴れ合いの倦怠感に若干の嫌気。なんとか打破せねばなぁ。他人におもねることなく、おもろいことは自分等でやらないと。忙しいのは理由にもならん。猛反中です。


まずは5515とヒジノワの連携。どっちもものすごいポテンシャルがあるはず。



ともかく自分等が楽しもう!
ナポレオンはもうたくさん!



hahahaji
[PR]
by tebokehandmade | 2010-05-07 01:38

陶器市終了

c0204518_9262394.jpg

陶器市終了しました。足を運んでくださった皆さん、ありがとうございます。


今回は奇跡的に初日スコール以外は快晴続き。出来すぎで暑すぎて、疲労困憊だったりもします。昨日の真夏日はやりすぎ。


出店している遺跡広場の雰囲気もよくて、昼間っから裸足でビィル。久しぶりに陶器市を堪能。物々交換の器も増殖。



さぁ日常す。今日は素焼き。



hahahaji
[PR]
by tebokehandmade | 2010-05-06 09:26

5515Jacking

c0204518_10144790.jpg

c0204518_10144730.jpg

c0204518_10144755.jpg

本日、5月3日は5515jackの日。

参加者がココイコ、ちたこを身に纏いお迎えします。

探してみて下さい。



hahahaji
[PR]
by tebokehandmade | 2010-05-03 10:14

陶器市は3日目

さぁ晴れ晴れの陶器市は3日目。


田村は遺跡広場で出店してます。前回からここに引っ越ししました。

城内坂を共販センターを目指して登り、かまぐれの丘方面へ左折。かまぐれ脇の階段を登って左側の芝生の綺麗なテント村です。


詳細はそこここで配っている5515mapをチェック下さい。アップできないのですいません。



雑感については後程。
[PR]
by tebokehandmade | 2010-05-01 07:31