秋田へ引っ越ししました。秋田市仁別にてスタジオ“nesta”整備中。 陶芸家田村一の日常、夢想、備忘録などなど.文章を書くのが苦手な作者のための練習帳.


by tebokehandmade

<   2010年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ツアー

関西〜美濃より帰ってきました


まずは夜行バスに乗る前、関西帰りの戦友(三宮collexで個展中)と有楽町ガード下で焼き鳥突っついて、関西のお店について、人情話。
一路大阪へ。着くなり心斎橋の銭湯。マッサージベッドでこりをほぐして、淀屋橋。grafはまだ開いてなかったけど、開店準備中のスタッフさんから国立国際のチケットいただく。早速向かいへ。
荒川ははじめから荒川でした。コレクションのダダのシリーズで前の国立国際の瀧口展のことを思い出す。ヒトが多すぎルノアールは断念。会田誠はよかった〜
grafではみんなとだべって、素焼いて汚れを焼き飛ばす皿を受け取る。在庫ないみたいなんで、そろそろ作らないと。
昼食後、芦屋川のクウさんへ納品と再来年の個展の話。三宮に件の友人の個展見に行って難波へ。
友人と待ち合わせ中に買った、鬼怒無月のやってるタンゴクインテットのアルバム購入。ストーンテンプルパイロッツもよかった〜この日は難波、心斎橋とはしご。深夜なんかの列発見。何かと思うと、翌日はiphone4の発売日。自分は白見てから。この日は心斎橋のカプセル。


翌日、ぽっかり晴れの日。夏のさわっとした空気が気持ちよく、ふらっと奈良へ。平城京跡から唐招提寺、薬師寺コース。昼前のビィルのうまいこと。薬師寺東塔が10月から修復で暫く見れなくなるそう。綺麗な塔です。せんとくんには結局会えず。残念。

2時くらいまで奈良ですごし、天王寺の近鉄で個展中のkibunくんとこに行きちらっと立ち話。彼の常滑の仕事場が老朽化にともない、今月中で閉鎖とのこと。素敵なモノを作るだけに心配。

梅田に戻り、多治見へ向かう。新大阪も名古屋もサラリーマンでごった返してて、何気に景気いくなってるちゃうんか?それにしても浮いちゃってる自分の格好。

多治見には6時過ぎに到着。8月にグループ展をするギャラリーで後輩のたっくんと待ち合わせて、その後合流したyocoくんと3人でご飯。今夜は瑞浪ののり宅で瀬戸屋チームでデンマーク戦観戦。

みんな個展前やら〆切間際でめっちゃ忙しいとのこと。夜11時に集合だったんでそれまで仮眠。

瑞浪に移動して。朝まで。途中やってきた、秋の磁器展に出品してくれる作家仲間アキォ氏とけんたろと酔っぱらいで打ち合わせ。

あんな試合できたんだとどんどんよくなって見えてくる日本代表。頑張って。因にまったく記憶ないけど、4歳くらいの新聞に載ってた自分の夢はワールドカップ出場でした。

朝起きると、みんなは仕事へ。家の持ち主と二人。コーヒーすすって、シャワーあびて、駅まで送ってもらい、常滑へ向かう。

途中、名古屋は相変わらずヒト。常滑の駅舎にあるギャラリーでかけえの個展見て、9月に個展をするお店へ。ハガキのことやら搬入のことを話しして会期決定。9月18日から28日まで。初の常滑個展です。常滑は大好きな作家さんもいるし、友人たちもたくさん。なにより他の産地でやれる嬉しさよ。気合い入れます。
お昼一緒にと誘ったのやと歩いてたら、車からの声。会ってみたかったアカネちゃんでした。噂通り。おもろい。秋行ったとき、ジーンズリメイクお願い。

食事後、吉川さんとこへ。生憎、正道さんはお留守。千香子さんに磁器展の詳細をお伝えして、お茶ときびご馳走に。
秋の磁器展、間違いなくよい展示になります。楽しみ〜
これにてお使い終了。


名駅で味噌カツ食べて、帰路へ。益子に着いたのは深夜。眠りへ墜落。



今日はこれから秋田へ。仕事場のことと充電。



hahahaji
[PR]
by tebokehandmade | 2010-06-27 10:22

水のなか

c0204518_23384042.jpg

c0204518_23384030.jpg

すっかり放置してしまい、すいません。



何やら色々なことがあり、この蒸し暑さもあり、ひとり水中生活してました。


予定もまるっきりくるってしまい、再び巻き直さないと。



てな訳で明日から西に旅立ちます。




hahahaji
[PR]
by tebokehandmade | 2010-06-21 23:38
c0204518_1327407.jpg

c0204518_1327405.jpg

c0204518_13274099.jpg

以前も書いたけど、再びのアクアパッツァ。


今日は仕事場のみなさんで夏パーティー。それに向け朝からニンニク&香草料理。
今回使うはメジナとニジマス。海魚と川魚。相性はどうよ?それにしてもニジマスってぬめるね。

ニンニク、オリーブオイルで炒め、ズッキーニとセロリの茎炒めます。そこに塩胡椒した魚入れて、アサリとトマト。ささぎとキノコ入れてしばらく煮込んで、塩胡椒、ローズマリーで味付け。最後にセロリの葉っぱ。簡単だけど見栄えがいいのが、パーティーのポイント。

鍋は自作。遠慮せず油もんもいきます。


なお本日土曜ゆえ、笠間の個展に在廊中。夕方にはパーティー戻りたいなぁ。



にしても今日暑い。



hahahaji
[PR]
by tebokehandmade | 2010-06-12 13:27

今朝の道すがら

c0204518_12481621.jpg

めんこいなぁ。



hahahaji
[PR]
by tebokehandmade | 2010-06-11 12:48

お出かけ

c0204518_02866.jpg

昨日、今日と東京へ。



ちょっと色々見たい展示会があったので。笠間展も始まったことだしね。ルート考えると1日だときつく、泊まりになりました。



さて昨日は午後に東京へ。
まずは清澄白河へ。TKGでやってる奈良さんの陶器展。倉庫の一角にあるギャラリーで以前、友人の写真家がやってたギャラリーの隣に越してきたよう。なかなか面白いロケーション。

作品の制作途中はカーサや奈良さんのツイッターで見てたけど、やはり生で見たいじゃないか。展示会場は2つ。絵付けの壺の部屋とおっきな顔のフロア。やはり立体で捉える感覚がすごくて、一本の曲線、一面の曲面の情報量の多さったら。土の生理である焼いてたわんだり割れたりすることもなんとなく分かっちゃってるんだろうな。流石です。
おっきな顔もよかったけど両側に顔のついた偏壺がよかった。暗い釉薬がとてもよい!


その後、上野に移動。科博の大哺乳類展へ。沢山の骨格標本と剥製。展示はどこまでも分かりやすく(自然界じゃあり得ない並び方、だって肉食草食入り交り)、説明も分かりやすい。ただヒトが多すぎであまりゆっくりできなかったのが、残念。次の会期は海の哺乳類展。シロナガスクジラ来ます。今度は早めに行きましょう。


夕方、門前仲町の瀬戸屋仲間のとこへ。秋の磁器展誘いたかったのもあるし、何より魚三行きたい。で電話したら、ギャラリーの方が来るんで、その後でということになり、とりあえず彼の地下アトリエへ。

3人いらしたギャラリーの方のひとりがツイッターで、自分のつぶやき読んでたらしい。少々驚いたす。

うまいこと商談も進んだようでよかったね。玄。

さて久々の魚三。鰹と鯵とカジキと赤貝堪能。あと鱚の天ぷら。さんざん食べて飲んで、4700円。安い!酒一杯、180円也。ただしアタマ痛くなる。玄とはどーでもいい中身のないボーイズトーク。酷いので書けません。こんな気のおけない友人がいるのは嬉しいね。


結局玄のアトリエに宿泊でした。


つづくよ





hahahaji
[PR]
by tebokehandmade | 2010-06-10 00:28
c0204518_19434041.jpg

c0204518_19434136.jpg

c0204518_19434157.jpg

今日はあぢかった〜

夕方また門へ。途中にある道っぺりの温度計見ると28℃。夏?
ですっかり夏バテモード邁進中なんですが、この時期食べたくなるのが、南蛮漬け。酸っぱしょっぱ辛い味を身体が欲してます。


スーパー行くとわりと大振りの小鯵が安くなってるんで、迷わず購入。それに茗荷。

鯵は尾びれの横のイガイガしたやつとって、塩胡椒。わかるくらいきつく胡椒振るのが好き。

浸け汁は簡単に柚子ポンに醤油と胡麻油に唐辛子、エバーナットのマスタード。新玉じゃないので玉ねぎは念入りに水さらし。ミニトマトを胡麻油で皮が弾けるくらい軽く炒め、浸け汁へ。これはこないだのギロギロの真似。

揚げたての熱々の鯵にいのに浸け汁をかけたのも、一晩くらい浸かったのもどちらも好き。

たっぷり茗荷を乗っけて。


まずは熱々のをいただきます。


皿は常滑、田鶴濱守人。優しい男の優しい磁器で。

今日の教訓。魚の正面は左前。


hahahaji
[PR]
by tebokehandmade | 2010-06-07 19:43

回廊ギャラリー門

c0204518_22132357.jpg

c0204518_2213232.jpg

c0204518_22132362.jpg

明日より18日まで笠間にある回廊ギャラリー門にて個展が始まります。上半期総決算のノリ。

今、お手伝いのわしたーくんと窯出し後の作業中&梱包中ですが、なかなかいい感じの作品が焼けました。


明日は3時からオープニングがあります。よろしければ。






hahahaji
[PR]
by tebokehandmade | 2010-06-04 22:13

テストパターン

c0204518_23134742.jpg

c0204518_23134733.jpg

c0204518_23134779.jpg

さぁさていつの間にやら6月突入。首相も退陣。国破れて山河あり。勝手にしやがれ。仕事は続く。



5日からは笠間にある回廊ギャラリー門で今年上半期〆の個展が始まります。

昨晩、おっきな方の窯に火を点けて、今日はちっちゃい窯で焼くもののゆがけ。

今回、窯を2回に分けたのは次のよな理由から。

前々回くらいから使うようになったブルーグレイとか紫なんか濃い色のクスリと白マットのクスリを一緒に焚くとどうも白の方に色が写るような気がする。
同時に濃い色のクスリをかけると飛沫が白マットに着く。窯詰めも煩雑。
濃い方のかけ分けの実験

もちろん、手順や段取りが分からないから、まったく手探り。わやわやになりながら、いろいろやってみた。
かける量としてはそんなでもなかったけど、ひとつひとつ考えながらだから、丸1日仕事。クスリの種類やら濃さの違うのを何回かに分けてかけるから、今日みたくからっとしててくれると、すごく助かるのです。

あっちかけて、かけた際をマスキングして、乾かして剥がしてとかやってると、あっちゅう間に時間が過ぎてく。マスキングに使う撥水剤CP-Eはトルエン含有量が40〜50%というヤンキー大喜びの代物。とろ鉄にもあるよに、ずっとマスキングしてるとラリラリでハイになってくるんで、換気は忘れずに。


ひとまず、今回なんやかんやで4パターンくらいのバリエーションを試してみた。ついでに新しいクスリのテストピースもちゃっちゃと。
多分うまくいく。向こう見ずではなく、ある程度の当りが分かるようになってきております。

早く焼き上がり見たいす。



hahahaji
[PR]
by tebokehandmade | 2010-06-02 23:13