秋田へ引っ越ししました。秋田市仁別にてスタジオ“nesta”整備中。 陶芸家田村一の日常、夢想、備忘録などなど.文章を書くのが苦手な作者のための練習帳.


by tebokehandmade

<   2010年 12月 ( 15 )   > この月の画像一覧

お世話になりました

c0204518_172014.jpg

c0204518_172080.jpg

2010年も暮れていこうとしております。


本年もたくさんの方に会うことができました。ありがとうございました。




2011が皆様にとって実り多い年になりますよう。




雪の秋田より



田村一
[PR]
by tebokehandmade | 2010-12-31 17:02
c0204518_1938473.jpg

c0204518_1938457.jpg

c0204518_1938443.jpg

今年最後になったチィでの個展、無事終了いたしました。
いらしてくださった皆様、ありがとうございました。この場をかりて御礼申し上げます。




ほぼ初になる土モノメインの展示になったのですが、すごく楽しく作れました。ご覧になった皆様、如何だったでしょう?



そしてネコさん、『カロ』と名付けました。アフリカの言葉で『お月様』。よろしくお願いします。





hajimeeeee
[PR]
by tebokehandmade | 2010-12-28 19:38

Merry Merry Christmas!

c0204518_947465.jpg

c0204518_9474676.jpg

今朝は冷えたなぁ。寒いす。


さてチィ展も残り2日となりました。益子もほんのりクリスマスムード。いろんなところにツリーやらサンタやら奥ゆかしく。


そんな今晩チィにてクリスマスパーティー開催です。
ジンギスパンを使ったサムギョプサルやらタイスキやら。何処の国なんだって折衷っぷりですが、いいんです。


19時よりスタート。2500円で食べ放題&ワンドリンク。持ち込み歓迎。
肉も野菜もたくさん用意してお待ちしております。


ではMerry Merry Christmas!


hajimeeeee
[PR]
by tebokehandmade | 2010-12-25 09:47

ソウルフード2

c0204518_1416111.jpg

さてそんなんでビルマ汁復活の場に立ちあったのち、話はご当地グルメの話へ。


益子、秋田、横浜と出身地はバラバラ。で思い切って聞いてみた。
「栃木のヒトって焼きそば好きよねぇ?」


なぜこんなこと聞いたかというと、宇都宮にはもちろん餃子の店は多いけど、焼きそば専門店もちょいちょい見かけるから。しかもだいたいどこも混んでる。
友人の宇都宮でやってた展示会の帰りにその中でのオススメを聞いて、入ったお店がすごい美味しくて、以来宇都宮行くと大抵よってしまう。
仕事場の親方もいろいろと焼きそば屋を教えてくれたりするけど、どこもよくわからない道の端っこだし、なによりスーパーの茂木に製麺所のある焼きそばがウマい!


味はちょっと甘めで麺が太い。


かえってきた答えはやっぱり
「え、普通に学校の帰りに食べてたょ」と。
「焼きそば屋って普通にないの」

秋田にも目白にも焼きそばだけの店はみたことありません。
間違いなく焼きそばは栃木のソウルフードと思う。


他はどうなんだろ?


個人的には餃子より焼きそばタウンの方が好きよ。






hajimeeeee
[PR]
by tebokehandmade | 2010-12-23 14:16

ソウルフード

c0204518_2021615.jpg

さぁチィ展5日目。平日なんでのんびりな時間。



金土日に在廊とは書いてるけど、毎日ご飯だのコーヒーだの理由をつけて午後はだらだらお店います。。



そんなんで今日、グリーンカレー食べてると、益子の町作りプロジェクトに関わってる友人来店。二人で食後のコーヒー飲んでたら、お店のCちゃんがいきなり
「ビルマジルって知ってる?」
ふたりとも目が点。
Cちゃんは生粋の益子っ子、やはり町作りプロジェクトにも参加してる。
「知らない」と応えるて、説明してくれた。

戦争中、益子のおじいちゃんがビルマ戦線に送られたとき、彼の地で食べたお汁がどうにも旨くては益子に戻ってから再現。だからビルマ汁。


トマト潰してナスやらインゲンやらカボチャを炒めて、豚肉やツナ缶入れてコンソメで軽く煮込んで最後にカレー粉入れて完成。まぁ外さない。うまいよね、きっと。当時にしちゃハイカラな味よね。


それが婦人部の奥さん同士で広がって益子のごく一部に広がったと。多分半径300mくらい。


だから益子っ子でも知ってる子と知らない子だったら知らない子の方が多いみたい。でも食べたことある子には忘れられない味らしい。何より「ビルマ汁」インパクト大


面白いねぇ。多分普通にウマいから途絶えさせちゃならんと。町作りチーム、ビルマ汁復活祭しようと盛り上がる。確かに絶妙なB級っぷり。


そのうちチィでも食べれるようにしたいらしい。自分も25日のクリスマスパーティーに作ってみよう。


数年後、B級グルメで「益子ビルマ汁」がブレイクしたら、自分は今日、その誕生を目の当たりにしたことに。楽しみ〜



この話まだ続くよん




hajimeeeee
[PR]
by tebokehandmade | 2010-12-21 20:21

チィの表と裏

c0204518_1591391.jpg

c0204518_1591375.jpg

c0204518_1591383.jpg

さて3日目のチィ。



チィはご飯も美味しいお店。今回はそんなチィのご飯をご紹介。

普段のプレートもこんだけ豪華。週替わりで変わるメニュー。今週は結構なボリューム。ここにココナッツスープも。基本エスニックでちょうどな味付け。このほかフォーも。


デザートも週替わりで写真は洋梨のパイ、チョコムース添え。





今日はちょっと裏メニューを。プレートのスープを使ったフォー。このスープ、昨日食した友人が「神」と呼んだくらい美味。レシピは案外単純で、レモングラスなんかのハーブを煮込んだ鶏ガラスープにココナッツミルク。ナンプラーとレモンで味付け。
まぁなんてステキに美味しいんでしょう。
チりパウダー入れてナンプラー入れて最後はレモン絞って、4回美味い。
このお汁にご飯入れてもうまい。



ご飯食べるだけでも是非なチィでした。



在廊日のお昼の楽しみです。




hajimeeeee






このフォー、レギュラーにしません?Fさん。
[PR]
by tebokehandmade | 2010-12-19 15:09
c0204518_1771171.jpg

c0204518_1771112.jpg

c0204518_1771158.jpg

c0204518_177112.jpg

さてチィ2日目です。今朝も寒い益子。霜と氷の季節になりました。




さて今回のホッケの主役は料理じゃなく器。手前味噌ですいません。(もっともホッケ自体手前味噌かも)


先日焼けた耐熱皿をチェックだてら豚肉焼きを。


皿を弱火にかけ、まだ冷たい状態で油投入。温まったら豚肉焼いて、野菜入れて塩胡椒。少し醤油。以上。


気持ちが先走り、間違えて塩入れ過ぎて、塩っ辛くなったのはまぁしゃあない。


底を少し厚く挽いたんで、食べてるあいだずっとほかほか。で使ったあともさらっと焦げがおちる。善哉。善哉。


いちおう焼きカレー皿という名称。今後、焼き飯などなどいってみよう!






hajimeeeee
[PR]
by tebokehandmade | 2010-12-18 17:07

冬の耐熱陶器展 開幕!

c0204518_13214891.jpg

c0204518_13214850.jpg

チィ個展、開始!
金土日はお店おります。2010年最後の展示会です。



そして12月25日はクリスマスのサムギョプサル&タイスキパーティー開催。夜19時より、2500円で食べ放題&ワンドリンク。その他、アルコールやら肉やら持ち込み可です。
当日はタムラのジンギスパン、鍋などなど使用したお料理。DJあるかも。

いらっしゃる方はご一報下さい。



ではでは。




hajimeeeee
[PR]
by tebokehandmade | 2010-12-17 13:21

明日からは…

c0204518_12305533.jpg

c0204518_12305543.jpg

c0204518_12305576.jpg

焼けました。仕上げも終わり、これから搬入だす。


明日からは…
『冬の耐熱陶器展』
12月17日〜26日@作坊吃(ゾーファンチィ)

今年最後の個展です。



今朝、益子に初雪が。冬到来!



hajimeeeee
[PR]
by tebokehandmade | 2010-12-16 12:30

発掘調査

c0204518_1382535.jpg

c0204518_1382594.jpg

c0204518_1382521.jpg

年末だし諸々事情により、仕事場清掃してます。製作前に小一時間。この仕事場使いはじめて、9年になるけど、ここまでははじめてかも。

開始後、一週間になるけど大分片付いたかと。すると9年の間の歴史がいろいろ垣間見れるのです。紙と違ってカタチが残る陶器。仕事場奥はほぼ発掘調査の体。

さて今日発見した作品たち。5年以上前の似非スリップウェア。たぶん民藝館のスリップ展見て作ったものだからそんなもんでしょう。今見ても意外とよい。

このシリーズ、轆轤でもスリップウェアやれる!がテーマ。てか引っかきたかっただけなんだけど。

通常スリップウェアは板状の粘土に意匠を施したあとの型の整形。そのアンチテーゼ。轆轤挽いて、泥かけてでひっかく。通常とはまるで逆。粘土の世界は約束事が多いねぇ。面倒くさっ。

型の整形が嫌でねぇ。やっぱり轆轤が好き。ひっかくのもいろいろ試したなぁ。ネコのヒゲとかよかったもん。挙げ句、最早スリップウェアとは呼べないものも。

土は益子の土、グレイのは先日書いた浅葱。まだ益子の土でと息巻いてた感じがある。今やるなら信楽の方がいいだろうなぁ。器の厚みとかおかしいくらい薄い。これじゃあ脆いよ。焼きも甘いし。
とまぁ反省ばかり。時間作って今だとどうなるか、作ってみよう。決めた。



自分は磁器使いに思われてるけど、そんなことはなくて、土だってやるのさ。





んでもこの子達、なんかかっこいいんで、家で使おう。






hajimeeeee
[PR]
by tebokehandmade | 2010-12-14 13:08