秋田へ引っ越ししました。秋田市仁別にてスタジオ“nesta”整備中。 陶芸家田村一の日常、夢想、備忘録などなど.文章を書くのが苦手な作者のための練習帳.


by tebokehandmade

<   2011年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧

じゃあね、また

c0204518_23251373.jpg

またひとり大好きなヒトが旅立ってしまった。



彼の紡ぐ音は水面に写った風景のように風向きに応じてたゆたう。
誰にも似てないのに、誰からも愛されるステキな音の塊。


なぜ?


水面に映る景色は風に吹かれて、すべてなんにでも寄り添うようにぐにゃぐにゃカタチを変える。
だれかの心もちに合わせてそっと傍にいることなんてお手のもの。


彼のひととなりだって、まさしく音を体現してた。
実際話したことはないけど、水のような人だったろう。どこにもするっと染み渡る。



だから一度会いたかったよ、ハラカミさん。


きっとどーでもいいことしか話せないだろうけど。それでいいや。


Sense of wonderのライブでみんな笑って聴いてた。あははって。大笑いしたもん。大友さんもユザーンもすごい楽しそうだった。お客だってみんな笑顔。あんなライブはじめて見た。楽しかった。ありがとう。
芝生の上のあそこにいたこと自慢していよね?





まだなーんちゃってって出て来そうだけど、それはあまり期待せず、俺の方から呼び出すよ。貴方の音はずっ〜と伝えてくらから。

まぁタイミングみてまたおいで。じゃあね。また。








hajimeeeee
[PR]
by tebokehandmade | 2011-07-29 23:25

掲載誌のお知らせ

「リビルド以前の益子」連載中ですが、すいません。いろいろ本に掲載されました。

せっかくなのでお知らせを。

「炎芸術」2011秋
7/31から始まる「白の時代」が取り上げられてます。展示会について詳細はまたあとで。明日レセプション。タムラ益子で見せる最後の仕事。

haji's last stand in MSK.

記事によるとタムラの磁器土の扱いは「そっけない」らしい。そう見えるのかぁと。
c0204518_1528987.jpg



「月刊美術」8月号
なかなかありそうでなかった特集です。現代陶芸をさらりと概観した特集になってます。興味深く読みました。
青木くんの「神です」大爆笑に大爆笑。さすが界王さま。
さらになんと出身した早稲田の陶芸部すら取り上げられてます。このリサーチ力はすごい。これからじわじわいきます。
c0204518_15281139.jpg


「旅」9月号
表紙のしまおさんに萌え。
これは楽しい企画だったし、取材でした。客観的に見ても益子への旅特集ではピカイチ。
なんと「ビルマ汁」のレシピが公開されてます。タムラはビルマ汁の器、マジラーボウルを作りました。この写真、素晴らしいです。是非ご覧ください。
c0204518_15281284.jpg

[PR]
by tebokehandmade | 2011-07-29 15:02

リビルド以前の益子 3

4.大阪 一日目〜心象


翌日、品川から新幹線で大阪へ。

大阪、阿倍野近鉄では数年前から参加してる『へうげもの』とのコラボレーション展が始まってました。

照明を落として薄暗くなった品川駅はやはり異常。なんともいえない重苦しいプレッシャーは関東全体を覆ってるように感じました。
今思うとこのプレッシャーから逃げたしたかったのでしょう。
新幹線に乗り込むと少しだけほっとして新大阪までぐっすり。

それでも新大阪駅で御堂筋線に乗り換えようと切符売場に並んでも、やはり東京で感じた人たちの落ち着かなさ、ざわざわが続いてました。まだ新大阪は東京から地続きのようです。震災から間もないから当たり前なんでしょう。

少しだけげんなりして切符を買って阿倍野近鉄へ向います。

それでも電車の中の大阪の雰囲気は大分和んでいました。大阪弁のプラスのエネルギーはすごいなぁと。他愛無いおばちゃんの話を聞いてるだけで、それだけでなんかいいのです。「他愛無い」ことの尊さ。

会場に着くと見知った顔が。昨日青山にいた面子も妙な邂逅。

c0204518_12174847.jpg


無事に自分の作品も届いたようでひと安心。
近鉄の方やスタッフの方にもご挨拶。震災の話をして写真を見せるとだんだん表情が変わっていきます。なんだか申し訳ない感じ。

今回、自分の他に益子から竹下鹿丸くんも参加しました。彼の薄手の焼締の作品もきちんと並んでます。聞くと地震の日に届いたとのことでした。彼は同時代の益子の作家のなかでも仲がよく、尊敬できる作家。親父さんと作った窯には何度か茶碗を入れてもらったことも。
今回の揺れは彼の住んでる益子北部が酷く、彼の薪の窯も倒壊。ここに並んでる作品はもう焼けないのです。

スタッフの方も絶句。そりゃそうです。

薪の窯は、焼くたびに育つもの。新しくしたからといって同じように焼くことはできません。もちろん再建には時間もお金もかかります。ガスや電気窯とは比べようもない。
益子には50基ほどの薪窯がありました。9割以上が倒壊したと聞いてました。実際自分の眼で確認できた無事(比較的)な窯は3基程度。
(震災から4か月以上経った現在、まだ再建して焚くことのできるようになった薪窯はないようです。今だに倒壊した窯の整理、レンガの選り分けといった作業が続いてます。鹿丸はなんとか夏中には窯を仕上げて10月に初窯個展すると話してます)
自分の使ってるガス窯は問題ないとのことでした。時間も手間もかかるだろう薪窯を使ってる人たちに比較的被害の少ない自分はなにができる?
益子のなかでも被害の大小がものすごく開いてます。



ともかく仲間でご飯。
c0204518_12175682.jpg

そのうちひとりが千葉で制作しています。
家族で避難していた最中にガスコンビナートの火災を見たようです。自分はそれがどういったことかよくわからなかったのですが、彼の「あの光景は子どもには見せたくなかった」という呟きが忘れられません。
食べたのはチキン南蛮。美味かった。
c0204518_1218322.jpg



会場に戻ると大阪の友人たちがちらほら。益子のこと、自分のこと、いろいろ話して少しだけハイに。「普通」に「当り前」なヒトと話してると、なんとなく落ち着いてきます。自分があまりに「非日常」。少しだけ「日常」に戻してくれるように感じるのです。それでも澱のようにさまざまな心情がなくなることはないのですが。


惜しくも盲腸で前日青山に来れなかった作家仲間。一日だけ病院を抜け出して会場に現れました。金くん、元気そうでなにより。
c0204518_1218101.jpg

みんな揃ったとこで記念撮影。

夜は少しだけたくさんのお酒。

大阪一日目でした。
[PR]
by tebokehandmade | 2011-07-28 05:15
さて始まりました。


grafでの「最後の益子」展
タイトルの通りです。
c0204518_14521472.jpg


週末駆け足で行って来ました。
いつもは大阪はだらだらするのですが、今回はあっさり。

1階では丁度リビングワールドさんの展示が。久しぶりに西村さんにもお会いできて、嬉しかったです。展示も相変わらず素敵です。
c0204518_14523160.jpg



2階のカフェfudoでは期間限定で田村の器で甘いものを提供してます。土日はリビングワールドさんとのコラボメニューも。これは次回食べよう。
c0204518_14523786.jpg


また会場の一角には「旅するカケラ」コーナーも設置。メッセージをお書きいただけたらと。
c0204518_14524445.jpg


8月28日までやってます。月曜日定休です。次回タムラは8月19日から21日まで行きます。
イベントも企画中。決まりましたらここでお知らせいたします。キィワードはリトルマシコ。

ではでは。
c0204518_14524887.jpg




hajimeeeee
[PR]
by tebokehandmade | 2011-07-20 14:36

リビルド以前の益子 2


3.東京へ

行くと決めたはいいのですが、まだ交通機関が安定して動いおらず、さらに輪番停電が始まるということ。たまたま震災の前の日に満タンにしていたクルマですが、だんだんガソリンも手に入れにくい状況になってきました。クルマで東京には行けそうもない。

またこのころ、共販センターの駐車場に割れてしまった器や石膏型、棚板といった窯道具の集積所ができました。実際にその光景を目の当たりにしたときの強烈な印象。そこには益子の歴史が破片となって積まれています。一度割れてしまうと器の価値は0。巨匠から若手まで作家モノから窯元の作った大量生産のものまで割れてしまうと陶磁器はの価値はすべて等価です。

集積所ができてまだ1日ほどしか経ってないのに、すでに膨大な量の破片が山となっています。器のプールをぶちまけたように見えました。聞くと4月頭でこの集積所に集まった破片は廃棄物として片付けてしまうとのこと。そのころまでにはどれだけの破片が集まるのでしょう?見当がつきません。

その山を少し探ると綺麗な器がたくさん。益子焼ってこんなにカラフルだったんだと少しの驚きが。茶色いだけじゃんと思ってた自分を少しだけ叱って、幾つが皿と鉢を拝借。どうしてもこれを黙って廃棄するのが許せない自分がいます。とても自分の割れてしまった作品をここに持って来る気にもなりません。
(自分の家で割れてしまった器も今だに捨てることができずにいます)

なんとかしないと…
なんとかできないか…

この状況はきちんと伝わっているのか?なくなってしまうともう誰にも伝わらないのでは?

それは益子にとっては悲劇以外のなにものではない、そう思います。


そのころ、まだ交通機関の乱れは続いており、実際14日までは東北線はきちんと動いてなかったようです。

15日、ラジオで東北線が間引きで運転してるのを確認して東京に向かったのです。

(のちにこの日、原発から大量の放射性物質の放出があったと知りました)


その日の東京は風がものすごく強くて天気がすごくよかったです。
会場のneutronは青山通りを入った所にあるギャラリー。その日の表参道も青山通りも人もクルマもまるでいない、いつもとはまったく逆のひっそりとした風景。こんな青山ははじめてです。
行き交う人たちは皆、何かはっりしない、何か重いモノを抱えてるような、何が我慢している雰囲気を漂わせています。東京でもこの重苦しい空気。

neutronではこの日からイケヤン☆展がスタート。
一年間全国各地を巡回して続いてきたイケヤン展、一年目最後がここneutronでした。普段と違う現代美術のギャラリーの展示ということで、作品も大分作りこんだものを準備してたのですが焼けず、今回は手持ちの作品だけの出品。
一度は中止になりかけた展示会ですがneutron代表の石橋さんの一言で開催することになりました。
「この時期に開催することは作家の資質に関わる。やれることがあるならなぜ中止しないといけないのか」この一言には本当に救われました。素晴らしい気持ちです。

会場には見慣れた顔の友人が。少しだけ安心して仲間の陶芸家に益子の状況と写真を見せて説明するとやはりみな驚いた顔。まさか自分がこの災厄の当事者として、益子にいるとは思いませんでした。

やはりこの日は客足が少なく、それでも毎回いらしてくださる小山在住の方が。小山の町がゴーストタウンのようになっていることなど聞き、同じ栃木県民、ふぅと一息ついて、再会を誓って。

それでも夕方のレセプションに向けて人が徐々に集まってきました。この日はギャラリストや編集者といった幾人かのゲストの方を招いての対話が行われました。話す内容もやはり地震のことが中心になります。
そんななか、自分もなんとか自分の経験した周りの状況を伝えようと必死だったと思います。

本当にさまざまな方にこの晩は会いました。そして、この旅は多分たくさんの人に出会うんだろうなあと予感めいたことを感じながらこの日は酔いました。

そしてその予感は実際、当たったのです。







written by tebokehand













hajimeeeee
[PR]
by tebokehandmade | 2011-07-19 16:14
漸く書けそうな気がします。長いので何度かに分けて。


「リビルド以前の益子」



1.当日

3/11、ちょうど個展を目の前にしていた自分は、仕事場で釉薬をかけていました。
その週末からの展示のためには11日中に窯に火を点けねばならず、手伝いの若い子とふたり、いそいそと作業を進めていました。外にいる彼に足りなくなった釉薬を作ることをお願いして、自分はいつもの轆轤の前。そのとき揺れが始まりました。2日前にも割と大きな揺れがあったので、今度も程なくおさまるだろうと、手は止めず作業を継続。しかし揺れは一向に止む気配をみせず、それどころか大きくなりそうな気配。
外から彼の「ヤバいすよ」の声に促され仕事場の外に出ると、揺れは一層激しくなり、仕事場の下屋に乱雑においてあった古い作品がボロボロと落ちていきます。
外には自分たちの他、仕事場を共用している原形作りのおばちゃんたち。
波打つ地面となかなか収まらない揺れに、ふと83年の日本海中部地震のことを思い出しました。

それでもなんとか揺れがおさまり、仕事場に入ると、轆轤前にはラジカセと大量のCDと素焼きした皿が雪崩をうったように散乱してます。せっかく薬をかけたモノも何枚も割れています。



当然、電話もダメ、停電してるのでどこが震源でどこがどれだけの被害なのかまるで見当がつかないまま、おばちゃんたちと仕事場の大家さんと参ったね、こりゃと話してました。

手伝いの彼は古くから続く益子の窯元の息子。自分の家が気になるということですぐに帰し、自分は無事な素焼きを外に出し、なんとか作業を続けることに。
twitterは更新はできないけど、tweetできたのでひとまず自分の無事だけ呟いて、作業できるくらい片付けて、停電でどうやったら窯を焚くかとか、運送間に合うかとかそんなことを考えてました。そのくらい焦っていたか、現実逃避してたのですね、きっと。
程なくして手伝いの彼が戻って来ました。震源は東北、ひどい津波が何度も押し寄せていること。完全に東日本の機能が麻痺してるということ。彼の家にある益子でいちばん古い登窯もほかの2つの窯も崩れたことなど聞きました。


この瞬間、自分は被災者になりました。


独り身の自分はそれまではなんとかいつもの日常を繋ぎ止めようと必死だったんだと思います。
さらに震源が東北地方と聞いて、自分の心が粟立ちました。東北には家族、友人がたくさんいます。なにより、自分はこの夏に秋田へ戻ることにしていたからです。

もう夜に窯を焚くという気力もどこかに吹っ飛び、ひとまず手伝いの彼の家へ。
そこには無残に崩れた窯がありました。この仕事をしていてこの光景を見て何も感じないわけがありません。

そこには何人かの同業者がいて、益子内での被害をいろいろ聞くことができました。どうも北の地域の揺れがひどかったらしい。地割もいたるところで起きてる。参考館が大変らしい。大谷石の塀がバタバタ倒れてる。蒔の窯はほぼどこも崩れた。ガスや灯油の窯も崩れたり煙突が折れてみんな直ぐには窯を焚けないんじゃないか。仕事辞めちゃうのもでてくるんじゃないか。話はどんどん悲痛になっていきます。それに較べたら自分の仕事場はまるで被害がないと。だってしばらくは仕事できると思ってたくらいだから。
唯一の救いは彼のお父さんが揺れの収まった直後、粘土を買いに組合に走ったということ。逞しさに救われました。

このくらいになるとなんとか広島の弟に連絡がつき、震源が福島沖、マグニチュード8.8(のちに9に変更)太平洋岸へ断続的に津波が押し寄せており、仙台空港も冠水。被害の全容も桁違いの地震と知ることに。

さすがにくたびれたので、家に戻ろうとすると、途中の道路が液状化で陥没。クルマで通れないので、役場にクルマを置いて徒歩で帰ることになりました。我が家は田んぼに囲まれた農道の中にあります。うちの周りは舗装部分の方が少ないくらい道が崩れ落ち塀も倒れてました。この辺も大分揺れたようです。

我が家は瓦が落ち、アンテナも倒れて、閉めていたはずの窓がすべて開いてました。家の中に入ると、テレビかすっ飛び、障子が斜めに裂け、本棚からすべての本が飛び出すという有様。
食器棚からもほぼすべての器が外に放りだされて、半分以上が割てしまってます。ずっと集めていた大事に使っていた愛着のある器も大分割れました。捨てるのも忍びず、段ボールにその破片を纏めていると、自分に対して妙な怒りと虚無感が湧いてきました。
ともかくなんとなく片付けて、その日の食糧を調達しに外に。不謹慎にもビールを飲みたかったので、歩いて停電で真っ暗なコンビニへ行って、ビールとパン。家に戻ると何人か友人から電話。その日は家に集まることになりました。道路が大変なので歩きで来てと告げ、うちで暫くぼんやりしてるとお酒とカラスミと玄米というおよそこの状況にはシュールすぎる組み合わせを手にした友人が現れ、懐中電灯でカラスミを肴にお酒。
今思い返すとなんとなくお互い探り合いながら、必死にとりとめのない会話をしてたような気がします。自分はほかのふたりより早く就寝。次の朝には空いた一升瓶が炬燵の上にのっかってました。





2.西へ

次の日、明るくなってみると、我が家の被害が想像以上だったことがわかりました。屋根の瓦が大分落ち、サッシがきっちり閉まりません。風呂のタイルもだいぶ割れ、なによりブロックで組んだ塀はかろうじて芯でもってるだけ、手で押すとぐらぐらします。大家さんが来てくれて、午前中は屋根にビニールシートを被せる作業。
建築関係の仕事をしている大家さんから聞くと、どうも復旧には3年はかかるんじゃないかということでした。思わず溜め息。
とりあえず家の方は引越しするので、応急処置で済ますことに。

気にかかるのはこの時期、自分は個展も含め、東京でひとつ、大阪でふたつ、都合3つの展示会を抱えていたこと。
しかもどの搬入も目前に迫っていました。
状況としては電車も東北道も不通。送っても普通に届くかどうかまったく分からないということ。
なによりこの益子の状況が伝わっているかどうかまったく分からないことが不安でした。
大阪の個展は窯が焚けるかどうかまったくわからなかったので、延期にすることを決め、程なく他のふたつのグループ展は開催することが分かりました。

そこでギャラリーに電話で作品がきちんと届くかどうか分からないということ。益子の被害の様子を話すと、電話越しの驚きの声。そのころ当然、被害報道は東北に集中していたようで、北関東の益子は少し揺れたくらいの認識だったのでしょう。
自分なりに益子のことを説明すると、たかだか東京から100キロ程度北上したこの町の状況にみな絶句してました。

夕方個展をやるはずだった大阪のgrafの服部さんから電話がありました。
自分が秋田に戻ることを知ってたのもあり「東北のモノづくりの支援せんと」といったことでしたが、そこでも益子の状況を伝えるとやはり驚いたようで、もっと益子のことを知りたがっている様子。

ともかくこれは今伝えないとヤバいと妙な使命感が湧き上がります。
丁度東京、大阪とグループ展は続いてます。東京の展示会では3月15日にオープニングレセプション。人もたくさん集まるはず。


ともかく西へ行くことを決めました。


written by tebokehand



hajime tamura
[PR]
by tebokehandmade | 2011-07-18 02:32

Open love letter to MSK


サイゴノマシコ展始まります。

ビースティのopen letter to NYCて曲が凄く好きで、このタイトル。

今回の製作は自分なりのよい「器」を作るのを心がけて。

というのもそこが「益子」の素晴らしいところだと感じたから。
益子にはステキな器を作る遺伝子が受け継がれてます。間違いなく。
益子に移り住んで9年、自分の作るモノにもそれは基層低音のよに流れています。
今回の製作はデトロイトテクノの四つ打ちのバスドラのように、そこを自覚的に作ることを心がけて。


何故………



近頃「益子」がすごく身近に感じられるようになってきました。これは自分にはとっても大きなこと。






というのも益子で製作をすることに自分はどうしても「抵抗」があったから。





ご存知の通り、益子のキィワードは「民芸」「民藝」。(個人的にはもうどっちでもいいや。こんなん重要じゃない)
それにどうしても馴染めない自分がいます。ここは今だに。



柳〜浜田の作ったバイアスは果てしなく、9年前、製作の場を東京から益子に移した自分には想像がつかないものでした。
曰く「なんで益子で磁器焼くのか?」
曰く「なんでこんな薄い?」
曰く「益子の土がいちばん」
曰く「こんなん益子じゃない」
曰く曰く

なぜこんな歴史が短いのにこんな?と。
何度益子の土を試しても自分の手には響かない。

それから暫くはずーっと唾吐いてたようなもの。
丁度、美濃勢の勢いが盛り上がってきた時期でした。
益子に馴染めずにいた自分には、その勢いは脅威、なぜ自分がその場にコミットしてないか。焦りばかり。

なぜ磁器を作れないのか?
オブジェは?
どんどんコンプレックスはつのってく。


思えば失礼なことばかり。
好きなコトをしようと来たのに、好きなモノが作りにくいダブルバインド。
なんとなく生活の流れで器をばかり作ってる自分への嫌悪感。それだけじゃないのにと。

すぐに秋田へ越そうと決めての製作。長い時間軸を考えれない状態。多分100m走を延々走ってました。この土地では10年単位での仕事ができないと…




秋田に帰るのを決めたのが去年の春。
具体的な行き先も決まると、するとあれだけ居づらさを感じてた益子にきちんと自分の居場所があったことに気づいたのです。

気付くと益子では7年過ごしたことに。。世代も大分入れ替わり、特にその若い世代の作るモノの素晴らしいこと。各々きっと自覚はしてないのでしょうが、自分の捉えていた(取り憑かれていたと言っても)あの記号的な益子ではないステキな器を作っていたのです。
(そのうちのひとりに自分の器を見て作ったと言われたときの嬉しかったこと、あながち自分のやってきたことは無駄でもなかったようです)
彼らは決して派手な釉薬を使ったり、金や銀を施したり、大きなオブジェを作るわけではありません。でも実にしっかりと「器」を作ります。

実際に自分で使う器もどんどん益子のモノが増えていきました。しっかり料理を支えてくれる器。安心を与えてくれるもの。

それが益子の遺伝子だと気付くのにそんなに時間はかかりませんでした。
(もしかしたら加茂田さんはそこに気づいてしまって益子を離れなくてはならなくなったのでは?)

そんな彼らの作品も次第に全国のお店に並ぶようになりました。これは益子にとっても彼らにとっても素晴らしいことだと思います。





「ステキな器を作る」という益子の遺伝子。今回の製作でいちばんあたまに置いたのはこのことでした。益子の素材を一切つかうことなく、「益子」を
感じられるようなもの。矛盾してるかもだけど、自分の益子に対する恩返しのような気持ちです。




今回のgrafでの個展、もともとは3月16日からのはずでした。
丁度この展示のための釉薬をかけてたときの震災。
益子が被った被害は甚大です。蒔窯の9割以上が倒壊。被害の大小はあれ、益子に住む誰もが、益子の今後に不安を感じたはずです。

あれから4ヶ月経ちました。陶器市も開催され、少しづつですがみんなの生活も戻りつつあります。
若い世代の復興への取り組みは「リビルド益子」などの活動わみると明らかです。ここでも新しい繋がりができつつあります。

このタイミングで益子を去るのもなかなか口惜しいのですが、秋田でなにができるかという自分への期待も大きいのです。


その前に自分から益子への大きな愛を、今回の展示にから感じていただけたら幸いです。お楽しみください。



田村一「サイゴノマシコ」
graf 3f showroom
7/16-8/28(月曜日定休)






hajijiji






hajimeeeee
[PR]
by tebokehandmade | 2011-07-16 09:53

Tower Bottles

c0204518_2203178.jpg

c0204518_220316.jpg

c0204518_2203114.jpg

さて久々におっきなもの、食器ではないものを作ってます。




7月31日から益子の陶芸美術館で始まる「白の時代」という企画展に向けて。

この企画展は主に磁器をメインに製作している作家さんが参加することに。美濃の加藤委さん、新里明士くん、千葉の和田的さんをはじめとする当代第一線級の磁器使い面々。このメンバーの中に混ぜていただきました。光栄です。ありがたい。



写真は「塔」と呼んでる瓶たち。
作ってて、上に向かって立ち上がってく様が気持ちよいのです。





hajimeeeee
[PR]
by tebokehandmade | 2011-07-14 02:20

引越ブルー

c0204518_11254864.jpg

ちょこちょこと仁別のお家の様子が届けられてます。これ見ると大分すすでる模様。



先日、釉薬かけのとき、かましんで半額になった唐揚げ弁当ぱくつきながら。

少し前から気付いてたけど、完全に益子での日常は終わりを告げたようです。お家でくつろぐとか手間かけて料理するという気がまるで起きない。雨風しのげて風呂に入って寝るだけのお家。近頃いまいち雨はダメだけど、せめてビニールシートくらいは張らないとなぁ。



ほぼ仕事場で過ごしてるので、言ってみれば益子内ホームレス状態。
天本英生の気分が少しだけ分かった気がします。。



まぁ引っ越し前の気分なんてこんなもん。






hajimeeeee
[PR]
by tebokehandmade | 2011-07-13 11:25

御礼&告知 補遺あり

クラスカにお越しいただいたみなさま、ありがとうございました。
連日暑い日が続き、体調を整えるのも、ひと苦労といったなか、足を運んでくださり、心より感謝いたします。

引き続きタムラは「サイゴノマシコ」モードにて製作中です。週末からは大阪はgrafでの展示も始まります。

そこでひとつ告知。関西方面の方へ
本日ラジオにでます。
以下パーソナリティの高橋マキさんのツイートです。
「KBS京都ラジオ夜9時半〜10時は「高橋マキのぐるぐる京都」。今晩のゲストは、陶芸家の田村一( @tebokehandmade)さん。震災被害のあった益子から、旅するカケラ、つながるカケラについて。7/16日から大阪のgrafで始まる個展についてお話しました。」


KBSといえば敬愛する大友良英さんも番組持ってる憧れのラジオ局。収録当日もJam Jamの番組ポスター見つけてひとり興奮してました。


震災のあと、様々な媒体の方に声をかけていただき、本当に光栄です。そのたびに人同士の繋がりに感動します。ありがたい。


関西以外でもKey hole TVというアプリをダウンロードしたら聞けるとのことでした。


よろしくお願いします。



hajimeeeee
[PR]
by tebokehandmade | 2011-07-12 17:21