秋田へ引っ越ししました。秋田市仁別にてスタジオ“nesta”整備中。 陶芸家田村一の日常、夢想、備忘録などなど.文章を書くのが苦手な作者のための練習帳.


by tebokehandmade

前半の後半・京都ナイト

久しぶりです。

旅の前半の後半から。


551の豚まんを食べてる最中に、合流した待ち合わせたギロ会のもう一人からは「ロックなふたりやな」って。普通に天パは湿気るとああなるんです。

さて向かった先はギロギロ。今年に入ってからのハードワークへのご褒美としては完璧なお店。ちょっと予約より早かったけど、電話したら大丈夫とのこと、ふらふら歩いてお店まで。ひんやり湿気た京都の空気が気持ちよい。

お店は相変わらず、活気に溢れてる。早速生ビィルで乾杯。
この日の出色は鯉の昆布〆と鯛の焼き物。鯉は甘く、添えられた塩ワカメの揚げたのとの苦しょっぱいバランスがもう。鯛の方は田楽味噌茄子ソースと鯛の子ソースと二度楽しめました。
道すがら、苦手な食べ物の話で出てきてた鱧が一品目ってのが、乙なもんです。きっとちっちゃいおっちゃんとか聞いてて、板前さんに教えてんねんで。でも全然臭くなかったよね。

酒も獺祭へ。じんわり堪能。うちのぐい飲みの子が働いてるの見てちょっと嬉しくなる。
いい腹案配で終了して、お店出ようとして、芦屋の個展のフライヤー忘れたことに気付く。自分のバカさ加減に呆れる。


2件目は帰り道の普通のアパートみたいなとこの2階のバー。店ではカレーの仕込み中。匂いにやられ、アタマの中、カレー一色。さっきまで和食の山に登ってたくせに、現金なもん。
この店、自分とこで漬けたオリーブが絶品。4回くらいおかわり。もうひとり合流。この辺から大分酒がまわり。おやすみってカウンターでちょいと寝る。起きて堪らず、カレー。辛めで旨かった。

さぁカプセルに戻ったのが何時か定かじゃないけど、ぬるめの風呂に浸かり就寝。



続く


hahahaji
[PR]
by tebokehandmade | 2010-05-22 13:29