秋田へ引っ越ししました。秋田市仁別にてスタジオ“nesta”整備中。 陶芸家田村一の日常、夢想、備忘録などなど.文章を書くのが苦手な作者のための練習帳.


by tebokehandmade

旅の中盤 京都デイタイム

さて続き。


このカプセル、できたばかりということで、空調やらカプセルの広さなど、恵比寿のあことは雲泥。流石に快適。ただヒトいないのと(結局誰とも会わず終い)風呂がぬるいのが気になるっちゃなる。(これがまぁあとでひく風邪の原因に)

昼前にチェックアウトして、その日はロックな二人で京都徘徊。楽さんとこで、歴代の楽茶碗の展示してるらしので、携帯で調べると銀閣寺の側と表示。近くのうどん屋で白味噌仕立の京都っぽいうどん食べる。うまいことうまいこと。特に揚げたてがんもどき。

バスに乗って銀閣寺方面へ向かう。京都はバスが便利。途中、チャリに乗って電話の画面見入ってるおっちゃんを轢きそうになり、声上げてしまった。交通安全でお願いします。

バス降りて、近くのヒトに楽美術館の場所聞くけど、皆さん、?な顔。人力車のマッチョな兄さんに聞くと電話でちょい偉いさんに聞いてくれて、やはりぜんぜん違った。調べとくから、銀閣寺でも見て来たらと。まあいいやなイージーゴーインな旅。観光します。

銀閣はもう修学旅行生の束。すごい人手。寺の山門前でソフトクリームパクついて。だらだらと。

初の銀閣寺。お寺の前の庭がなかなか。砂舞台になってて、月夜の晩には石英がきらきら光るらしい。渋くてよいね。そのまま裏庭散策。竹で組まれた壁のリズム感ある組み方が素敵。その向こうとこっちで大分景観が違う。

椹で葺いた屋根も渋い。断然、金閣より好みかも。


帰り道、件のマッチョ兄さんに楽美術館の場所を確認してまたバスへ。同行してるHちゃんから京都の地名の出来方を聞く。なるほどね。通りと通りの辻の名前なのね。納得です。

バスに揺られて15分くらいか、バス降りて楽美術館を目指し北上。。やっとありました。初代長次郎から当代までからりと並ぶ15個の茶碗。さすが3代あたりまでの茶碗はスゴい。モノノケだね。ありゃ。5代目の縦長で口許がすぼまったやつとか、8代目の若く亡くなった方のみずみずしい形のが好み。2階にかわいいパグみたいな獅子のは香炉やら花活け、掛けもの。。少しの茶碗。「樂」の一文字にどんだけ情念がこもってるのか。光悦の茶碗も丸みが気持ちよい。
いいもの見た。最後にちらっと当代の姿を見っけ〜おされです。

四条まで御所経由でふらっと歩こうと

道すがら、虎屋カフェ発見。水羊羹とお抹茶をいただき、御所へ。だんだん冷えてきたようで、上着持って来てないのを後悔。

御所はなにもかにもおっきかった。桃園、梅園、桜を経て、どいつも大木。思わず陰陽師を思い出す。今度は晴明神社行きたい。上賀茂神社と。

このくらいからやっと京都にいると実感。ここで育つのと秋田で育つのじゃ価値観全然変わるよなぁ。たまに来ようなどと思う。

四条に戻り、帰りの電車まで、その辺のおっちゃん飲み屋へ入る。こしあぶらの天ぷらうめえ。安さにかまけ散々食べ飲み閉店まで。まだちょっと時間あったので、幕末居酒屋で仕上げのビィル。以上楽しすぎの京都2daysは御仕舞い。


また京阪電車で大阪へ。心斎橋のカプセルでおやすみ。


次の日は芦屋へ



つづく


hahahaji
[PR]
by tebokehandmade | 2010-05-26 15:58