秋田へ引っ越ししました。秋田市仁別にてスタジオ“nesta”整備中。 陶芸家田村一の日常、夢想、備忘録などなど.文章を書くのが苦手な作者のための練習帳.


by tebokehandmade

テストパターン

c0204518_23134742.jpg

c0204518_23134733.jpg

c0204518_23134779.jpg

さぁさていつの間にやら6月突入。首相も退陣。国破れて山河あり。勝手にしやがれ。仕事は続く。



5日からは笠間にある回廊ギャラリー門で今年上半期〆の個展が始まります。

昨晩、おっきな方の窯に火を点けて、今日はちっちゃい窯で焼くもののゆがけ。

今回、窯を2回に分けたのは次のよな理由から。

前々回くらいから使うようになったブルーグレイとか紫なんか濃い色のクスリと白マットのクスリを一緒に焚くとどうも白の方に色が写るような気がする。
同時に濃い色のクスリをかけると飛沫が白マットに着く。窯詰めも煩雑。
濃い方のかけ分けの実験

もちろん、手順や段取りが分からないから、まったく手探り。わやわやになりながら、いろいろやってみた。
かける量としてはそんなでもなかったけど、ひとつひとつ考えながらだから、丸1日仕事。クスリの種類やら濃さの違うのを何回かに分けてかけるから、今日みたくからっとしててくれると、すごく助かるのです。

あっちかけて、かけた際をマスキングして、乾かして剥がしてとかやってると、あっちゅう間に時間が過ぎてく。マスキングに使う撥水剤CP-Eはトルエン含有量が40〜50%というヤンキー大喜びの代物。とろ鉄にもあるよに、ずっとマスキングしてるとラリラリでハイになってくるんで、換気は忘れずに。


ひとまず、今回なんやかんやで4パターンくらいのバリエーションを試してみた。ついでに新しいクスリのテストピースもちゃっちゃと。
多分うまくいく。向こう見ずではなく、ある程度の当りが分かるようになってきております。

早く焼き上がり見たいす。



hahahaji
[PR]
by tebokehandmade | 2010-06-02 23:13